「殺菌」と「除菌」の違いは? 表示によって気をつけることはある? 医師が回答

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(4月20日放送)で、「殺菌と除菌の違い」に関して医師が回答した。

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『コロナウイルスの影響で、除菌スプレー、除菌シートが手放せない状態になっていますが、よく見ると「殺菌」と書いてある場合と、「除菌」と書いてある場合があります。効果が違うのか、使い方で気をつけることがあるのか、いろいろなことが気になります。教えてください』に対して、医師が回答した。

「殺菌は、文字通り『菌を殺す・死滅させる』という意味で使われます。

殺菌という言葉の使い方には厚生労働省が厳密に制限をかけていて、どのような製品でも使えるわけではありません。

使えるのは医薬品医療機器法(通称・薬機法:やっきほう)に定められた、医薬品と医薬部外品のみ。消毒薬や薬用石けん、薬用ハミガキなどに使用されることが多いようです。

これに対して「除菌」は、菌を殺すのではなく、取り除いて減らすことを指しています。

除菌という言葉に対しては法律上の制限はありませんが、洗剤・石けん公正取引協議会という業界団体が定義を設けています。台所用洗剤や洗濯用洗剤などに使用されることが多いようです」

番組情報

草野満代 夕暮れWONDER4

毎週月曜〜木曜 16:00 - 18:00

番組HP

素敵な音楽&豊かな暮らしを、あなたに!「草野満代 夕暮れWONDER4」

Page top