千葉県で震度5弱の地震~都知事選の最大の争点は「防災」

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月25日に放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。千葉県北東部で震度5弱を観測した地震のニュースについて解説した。

都庁前に掲示された都知事選の日程を伝える横断幕=2020年6月17日午後、東京都新宿区 写真提供:産経新聞社

千葉県北東部で震度5弱の地震

25日午前4時47分ごろ、千葉県東方沖を震源地とする地震があり、千葉県で震度5弱を観測した。震源の深さは約30キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.2と推定されている。なお、この地震による津波の心配はない。

飯田)6時50分から気象庁で気象庁地震火山部、地震津波監視課長の加藤孝志さんによる会見が行われました。

 

加藤課長)本日、6月25日4時47分ごろの千葉県東方沖の地震についてご説明いたします。この地震による津波の心配はありません。この地震のマグニチュードにつきましては、速報値として6.2と発表しましたが、暫定値として6.1に更新しております。地震の場所、深さですが、地震の発生場所は千葉県東方沖、深さは速報値で約30キロと発表しましたが、暫定値として36キロに更新しております。震度ですが、最大震度は5弱、千葉県旭市で観測しております。東北地方から伊豆諸島にかけて、震度4~1を観測しています。なお、今回の地震は平成23年(2011年)の東北地方太平洋沖地震の余震と考えられます。

 

飯田)千葉県旭市で震度5弱ということで、その周辺の電車も止まっております。JR東金線は成東駅と東金駅の間、総武本線は榎戸駅と旭駅の間で運転見合わせとなっております。いずれも8時30分に運転再開を見込んでいるということです。朝方に揺れましたが、長かったですね。

(編集部注:午前9時ごろまでにいずれも運転を再開)

【新型コロナ 渋谷雑感】渋谷センター街をマスク姿で歩く人たち=2020年6月3日午後、東京都渋谷区 写真提供:産経新聞社

コロナ禍での避難所の問題

鈴木)ちょうど私は家を出るときでした。ゆらゆらと横揺れがしました。東京で横揺れだとすると、東北地方での地震だろうと思っていましたが、千葉の沖合と近かったですね。皆さんが忘れるころに、このように地震が起きている。まさにいまコロナウイルスで、地震だけではなく豪雨であっても、避難しなければならない状況に陥ったときに、避難所の問題があります。密を避けると言われているなかで、どうすればよいのか。各自治体がその対策をいろいろとやっています。

飯田)仕切りをつくるなどしています。

東京都知事選 ポスター掲示用の選挙看板を設置する作業員ら=2020年6月13日、東京都品川区 写真提供:産経新聞社

東京都知事選の最大の争点、公約は「防災」である

鈴木)しかし、そのようなことをすると、人数が限られるので体育館では足りない。ある自治体では学校の教室も使うとか、高齢者と分けるということを行っていますが、まったく追いついていません。地震という災害はいつ来るのかがわからない。「対応をきちんとしなさい」という警鐘だと私は考えます。また現在、東京都知事選が行われています。コロナ対策について、いろいろな政治の駆け引きとして使っていますが、25年ほど都知事選の取材を続けている私からすると、東京都知事選の最大の争点、公約は防災なのです。これが常にいちばんだと思います。コロナと共通するところも出て来ます。今回の知事選では、防災論議が弱いなと思います。

飯田)たしかに首都直下型の地震も、向こう30年で8割の確率で起こるとか、東海地震、東南海、南海地震も含めて可能性が高いとされています。

鈴木)「東京都は試算で数万人が命を落とす」と言っています。よく行政が「命を落とす」などと試算するなと私は思います。なぜそれを「0」にする努力をしないのか。ここが争点のはずなのですが、知事選では少し忘れられています。こうしたことも含めて、地震が起きると、「ああ、警鐘を鳴らしているのだろうな」と思います。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top