『のぼる小寺さん』工藤遥 × 伊藤健太郎、青春応援ムービー

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第857回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、7月3日公開の『のぼる小寺さん』をご紹介します。

「のぼる小寺さん」

ボルダリングに一生懸命な小寺さんに、みんなが夢中!

ボルダリングに夢中の女子高生を描いた珈琲原作による人気青春漫画を、古厩智之監督が実写映画化した『のぼる小寺さん』。

東京2020オリンピック公式種目に追加された“スポーツクライミング”をテーマに、若者のリアルを爽やかに映し出した青春応援ムービーが誕生しました。

「のぼる小寺さん」

『のぼる小寺さん』のあらすじ

卓球部に所属する近藤が気になるのは、いつも卓球部の隣で練習しているクライミング部の小寺さん。

何事にも一生懸命な彼女は、壁を見るとウズウズしてしまうほど、ボルダリングに夢中。球技はちょっぴり苦手で、ラーメンが大好き。鉛筆はナイフで削っている女の子だ。

何度も立ち上がり、目の前の壁に挑み続ける小寺さんから目が離せない近藤は、いつしか彼女に惹かれるように。しかし、小寺さんを見つめているのは、近藤だけではなく…。

「のぼる小寺さん」

『のぼる小寺さん』のみどころ

小寺さんに扮するのは、本作が映画初主演となる工藤遥。

壁に向かう真剣なまなざしを見せる一方で、ちょっぴり天然ちゃんな部分もあるキャラクターを演じ、その姿は愛嬌たっぷり。3ヵ月以上かけて猛特訓して撮影に挑んだ、手に汗握るフリークライミングのシーンは必見です。

そして近藤役には、若手実力派俳優の筆頭として活躍の幅を広げている伊藤健太郎。卓球部員役ということですが、こちらも卓球は初挑戦。小寺さんを見つめる内に訪れる、自身の心境の変化を繊細に演じきっています。

「のぼる小寺さん」

なぜ、小寺さんは真っ直ぐに上を目指すのだろう。ひたすら上へ上へとのぼって行く小寺さんに背中を押され、きっと誰もが経験したもどかしくも懐かしい感情がこみ上げて来る本作。

あなたもきっと、ボルダリングに夢中な小寺さんに魅了されてしまいますよ。

「のぼる小寺さん」

<作品情報>

『のぼる小寺さん』

2020年7月3日(金)から新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
監督:古厩智之
原作:珈琲「のぼる小寺さん」(講談社アフタヌーンKC刊)
脚本:吉田玲子
音楽:上田禎
主題歌:CHAI「keep on rocking」(Sony Music Entertainment(Japan)Inc.)
出演:工藤遥、伊藤健太郎、鈴木仁、吉川愛、小野花梨、両角周、田中偉登、中村里帆、小林且弥
(C)2020「のぼる小寺さん」製作委員会 (C)珈琲/講談社
公式サイト http://www.koterasan.jp/

<ジャンル>
青春 スポーツ

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

Page top