『グッバイ、リチャード!』ジョニー・デップ主演! 人生はそれでも愛おしい

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第886回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、8月21日公開の『グッバイ、リチャード!』をご紹介します。

『グッバイ、リチャード!』

余命180日の崖っぷち男が見つける“愛おしい人生”とは……

エンターテインメント超大作からアート系まで、作品の大小にかかわらず、世界中のファンを魅了し続けている名優ジョニー・デップ。

ゴールデングローブ賞など数々の賞に輝く一方、ファッション・アイコンとしても支持される彼にとって、2020年は初主演映画『クライ・ベイビー』の公開から30年というメモリアルイヤーとなります。

そんな唯一無二のキャリアを歩むジョニー・デップが、再びインディペンデント作品への回帰を果たした『グッバイ、リチャード!』が、いよいよ日本公開となりました。

『グッバイ、リチャード!』

『グッバイ、リチャード!』のあらすじ

美しい妻や素直な娘と一緒に何不自由ない暮らしを送る、博学でエレガントな大学教授・リチャード。

ところがある日、医師から突然の余命宣告を受ける。さらに追い討ちをかけるかのように、妻からは不倫を告白され、彼の日々は予期せぬ展開に。

余命180日。死を前に怖いものなしになったリチャードは、残りの人生を自分のために謳歌しようと決意する。ルールや立場に縛られない“新しい生き方”に、これまでにない喜びを覚えるリチャード。

そして人目を気にも留めない彼の破天荒な言動は、次第に周囲にも影響を及ぼして行く……。

『グッバイ、リチャード!』

『グッバイ、リチャード!』のみどころ

チャプター形式で、死を意識する感情の起伏が丹念に表現されている本作。しかしながら、決して重苦しいシリアスなテイストではなく、ユーモアを交えながら軽やかに描き出しているのが特徴です。

そして何よりも本作を味わい深いものにしているのが、やはりジョニー・デップの存在。

さり気ない仕草やふと見せる表情からは独特の憂いと色気が感じられ、ストーリーを追ううちに、ジョニー・デップという俳優の生き様と役柄とが不思議とリンクして来て、思わずスクリーンに釘付けに。

「こんなジョニデが観たかった!」と歓喜する、往年のジョニー・デップファンも多いことでしょう。

『グッバイ、リチャード!』

“余命宣告”という⼈⽣最⼤とも言える想定外のサプライズに⼾惑いながらも、改めて見つめ直す“人生観”。

人生はくそったれで、愛おしい! 映画を観るすべての人に“自分の人生を歩む”ことの勇気と大切さを教えてくれる、爽やかなライフ・ファインディングドラマです。

『グッバイ、リチャード!』

<作品情報>

『グッバイ、リチャード!』

2020年8月21日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
監督・脚本:ウェイン・ロバーツ
プロデューサー:グレッグ・シャピロ
出演:ジョニー・デップ、ローズマリー・デウィット、ダニー・ヒューストン、ゾーイ・ドゥイッチ、オデッサ・ヤング、ロン・リビングストン
(C)2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
原題:The Professor
公式サイト https://goodbye-richard.jp/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

Page top