綾野剛 その演技力、ハンパじゃない!

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第903回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

※写真は『日本で一番悪い奴ら』より

映画にドラマに、いまや出演オファーが絶えることがない“日本一忙しい俳優”のひとり、綾野剛。

先日まで放送されていた「MIU404」でも多くの視聴者の心を揺さぶり、星野源や菅田将暉との共演も話題となりました。今後も、出演作が目白押し。その活躍は、目を見張るものがあります。

そこで今回は、綾野剛の出演映画4タイトルをご紹介します。

※写真はAmazonより

『そこのみにて光輝く』役者・綾野剛の魅力を存分に堪能できる1作

まずは『そこのみにて光輝く』。

芥川賞候補に幾度も名を連ねながら受賞がかなわず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志の唯一の長編小説を、呉美保監督により映画化。

短い函館の夏を舞台に、主人公・達夫と愛を諦めた千夏との出逢い、そして格差社会の底辺に生きる家族の姿を紡ぎ出した社会派ドラマです。

綾野剛が演じたのは、無職でパチンコや散歩をしてダラダラと暇を持て余す生活をしている佐藤達夫。撮影中は無精髭姿で、スタッフの承諾を得たうえで函館の街で毎晩飲み明かし、あえてむくんだ顔で撮影に臨んでいたとか。

綾野剛自身も「作品に愛された」と表現するほど、思い入れの深い作品。役者・綾野剛の魅力を存分に堪能することができますよ。

※写真はAmazonより

『ピース オブ ケイク』綾野剛の極上スマイルに、思わずドキッ!?

ジョージ朝倉の同名コミックを俳優の田口トモロヲが監督を務め、実写映画化した『ピース オブ ケイク』。

仕事も恋愛も周囲に流されるままに生きて来た女性・梅宮志乃を中心に、現代女性の恋や悩みを描き出したラブストーリーです。

本作では、志乃の恋のお相手“ヒゲ店”こと京志郎を演じた綾野剛。外見からはチャラそうな印象を受けるけれど、実はとても人情深く、いざというときには頼りになる。ダメ男にもかかわらず憎めない京志郎像を、チャーミングに体現しています。

女心をくすぐる極上のスマイルに、思わずキュンとしてしまう人もきっと多いハズ。

※写真はAmazonより

『日本で一番悪い奴ら』クレイジーすぎる綾野剛を観るなら、コレ!

北海道警察で実際に起こった事件を題材に、鬼才・白石和彌監督がメガホンを取った意欲作『日本で一番悪い奴ら』。

社会派サスペンスと見せながら、実はコメディ要素もふんだんに盛り込まれている、エッジの効いた実録ケーサツ不祥事映画です。

豪華なキャスト陣が際立つ個性を見せつけるなか、圧倒的な存在感を放っているのが、主人公の諸星要一を演じる綾野剛。ドーパミン全開(!?)とも思えるような演技で、おとり捜査、でっち上げ、拳銃購入、覚せい剤の密輸と、あらゆる悪事に手を染めてしまう北海道警の熱血警察官を爽快に演じきっています。

クレイジーすぎる綾野剛を楽しみたいなら、是非!

※写真はAmazonより

『シャニダールの花』妖しく美しく咲く、綾野剛

石井岳龍監督が、改名前の“石井聰亙”として活躍していたころから長年温め続けて来た企画を映画化した『シャニダールの花』。

女性の胸に寄生する謎の花によって運命を狂わされる男女の姿を描いた、異色ファンタジーです。

本作で綾野剛が演じたのは、世にも美しい“シャニダールの花”を研究する植物学者・大瀧賢治。石井岳龍監督が放つ緊迫感あふれる世界観のなかで、精悍な佇まいが印象的。

妖しくも美しい綾野剛に魅了される1作です。

『そこのみにて光輝く』(※写真はAmazonより)

■そこのみにて光輝く(2014年)

Blu-ray&DVDリリース デジタル配信中
監督:呉美保
原作:佐藤泰志「そこのみにて光輝く」(河出文庫)
脚本:高田亮
音楽:田中拓人
出演:綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉、高橋和也、火野正平、伊佐山ひろ子、田村泰二郎
英題:The Light Shines Only There

『ピース オブ ケイク』(※写真はAmazonより)

■ピース オブ ケイク(2015年)

Blu-ray&DVDリリース デジタル配信中
監督:田口トモロヲ
原作:ジョージ朝倉「ピース オブ ケイク」(祥伝社 フィールコミックス)
脚本:向井康介
音楽:大友良英
主題歌:加藤ミリヤ「ピース オブ ケイク -愛を叫ぼう- feat.峯田和伸」
出演:多部未華子、綾野剛、松坂桃李、木村文乃、光宗薫、柄本佑、菅田将暉、中村倫也、安藤玉恵、森岡龍、小澤亮太、山田キヌヲ、宮藤官九郎、廣木隆一、峯田和伸(銀杏BOYZ)
英題:Piece of Cake

『日本で一番悪い奴ら』(※写真はAmazonより)

■日本で一番悪い奴ら(2016年)

Blu-ray&DVDリリース デジタル配信中
監督:白石和彌
原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
出演:綾野剛、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、矢吹春奈、瀧内公美、田中隆三、みのすけ、中村倫也、勝矢、斎藤歩、青木崇高、木下隆行(TKO)、音尾琢真、ピエール瀧、中村獅童
英題:Twisted Justice

『シャニダールの花』(※写真はAmazonより)

■シャニダールの花(2013年)

Blu-ray&DVDリリース デジタル配信中
監督:石井岳龍
脚本:じんのひろあき、石井岳龍、田中智章
音楽:勝本道哲
出演:綾野剛、黒木華、刈谷友衣子、山下リオ、古舘寛治、伊藤歩
英題:The Flower of Shanidar

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/


Page top