『TENET テネット』ハリウッド映画の命運を賭けた超大作が、ついに公開!

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第904回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、9月18日から公開された『TENET テネット』をご紹介します。

『TENET テネット』

クリストファー・ノーランにしか生み出せない、究極の映像体験

コロナ禍で世界中の映画業界に異常事態が発生しているなか、ハリウッド映画の命運を賭けた超大作が、ついに日本でも公開されました。

『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』『インターステラー』などで知られる鬼才クリストファー・ノーラン監督によるオリジナル・アクションサスペンス『TENET テネット』。目もくらむような映像世界が、いま、世界中を熱狂させています。

『TENET テネット』

『TENET テネット』のあらすじ

満席の観客で賑わうウクライナのオペラハウスで、テロ事件が勃発。罪なき人々の大量虐殺を阻止するべく、特殊部隊が館内へと突入する。

そんななか、部隊に参加していた“名もなき男”が仲間の身代わりとなって捕えられ、毒薬を飲まされてしまう。しかしその薬は鎮静剤で、昏睡状態から目覚めた“名もなき男”は、あるミッションを命じられる。

それは、“時間”のルールから脱出して、第三次世界大戦から人類を救うということ。

ミッションのキーワードは、<TENET テネット>。その言葉の使い方次第で、未来が決まる……。“名もなき男”は、相棒ニールとともに任務を遂行し、大いなる謎を解き明かすことができるのか……。

『TENET テネット』

『TENET テネット』のみどころ

主演を務めるのは、2018年の『ブラック・クランズマン』で注目を集めたジョン・デイビッド・ワシントン。時空を超えた重大な任務を命じられる“名もなき男”を演じます。

そして彼の相棒となるニール役には、『トワイライト』シリーズで爆発的な人気を獲得したロバート・パティンソン。

さらに、エリザベス・デビッキ、ケネス・ブラナー、ディンプル・カパディア、アーロン・テイラー=ジョンソン、マイケル・ケインら実力派キャストが集結。

それぞれのキャラクターが時空を超越して主人公とつながって行く、その関係性に注目です。

『TENET テネット』

タイトルの『TENET テネット』には「教義」や「信条」といった意味がありますが、この言葉こそが最大の謎であり、鍵とも言える本作。

「時間は巻き戻すことができる」という物理学上は無理だと言われている理論を完全に撤回したコンセプトもさることながら、CGを極力使用せず、すべて“本物”にこだわって撮影したシーンの連続には驚愕しきり。

そして一度観ると、必ずもう一度観たくなる! 圧倒的な臨場感、そして没入感。2020年最大の超話題作は、やっぱり映画館で楽しんで。

『TENET テネット』

<作品情報>

『TENET テネット』

9月18日(金)から全国ロードショー
監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス 製作総指揮:トーマス・ヘイスリップ
出演:ジョン・デイビッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、ディンプル・カパディア、アーロン・テイラー=ジョンソン、クレマンス・ポエジー、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナー
(C) 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
原題:TENET
公式サイト http://tenet-movie.jp

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

Page top