食べ過ぎはよくないけど、あまり食べないのもよくないの? 医師が回答

By -  公開:  更新:

「食事量の減少」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『コロナの影響で運動する機会が減ってしまい、あまりお腹が空かないので、食事の量がめっきり減ってしまいました。食べ過ぎはよくないと聞きますが、あまり食べないのもよくないのでしょうか?』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

「身体を動かす機会が減ると、食事の量が減ってしまいがちですが、お腹が減らないからと言って、食事の量を減らし過ぎるのは考えものです。

人間には基礎代謝という、何もしていなくても必要なエネルギーがあるからです。食事が疎かになって、エネルギーや必要な栄養素が不足すると、気力や活力がなくなったり、怪我をしても治りにくくなります。

あるいは、感染症などの病気にもかかりやすくなる心配があります。食欲がない日もあろうかとは思いますが、無理のない範囲で食事はきちんと摂っていただきたいです。

外出を極端に控えてしまうと、麺類や菓子パンなど、糖質中心の手軽な食事に偏りがちです。意識してタンパク質や脂質、ビタミンなども取り入れ、バランスのよい食事ができればいいのではないでしょうか」

協力:医療ライター・横井かずえ
監修:日本健診財団

(ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」8月4日放送より)

番組情報

健康あるあるWONDER4

毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30

番組HP

健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

Page top