寒いと何だかイライラ、季節や温度と心の状態って関係あるの? 医師が回答

By -  公開:  更新:

「季節や温度と精神」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」(12月23日放送)で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『寒いと何だかイライラします。季節や温度と心の状態って、関係があるのでしょうか?』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

「季節や温度と心の変化には、関係があるようです。いくつかの要因が考えられますが、1つは日照時間との関係が指摘されています。

日光を浴びると、脳のなかでセロトニンというホルモンが分泌されます。不安感を抑えて幸せを感じるなど、気分の安定にかかわる働きをしています。

冬になって日照時間が減ると、このセロトニンの量が減り、それが気分の落ち込みと関係するのでは? という指摘もあるようです。

他にも、屋内と屋外の寒暖差や、気圧の変化が自律神経に影響を及ぼすことも考えられます。

季節の変わり目で気分の変化や落ち込みを感じたら、日光浴を兼ねた散歩で体を動かしたり、食生活を見直すなど、いつも以上にバランスのよい生活を心がけていただきたいです」

協力:医療ライター・横井かずえ
監修:日本健診財団

番組情報

健康あるあるWONDER4

毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30

番組HP

健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

Page top