見つけたら超ラッキー! 地平線スレスレに現れる横着な星「カノープス」

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。2月5日放送分のテーマは「星空観察」です。

2月に見つけることができる星。それはりゅうこつ座の「カノープス」です。カノープスは、おおいぬ座の「シリウス」の次に明るい星です。

シリウスが真南にさしかかる少し前、その下のとても低い南の地平線スレスレのところに姿を現します。とても見つけにくいのと、短い時間しか空に出ていなくて、すぐに沈んでしまうことから、見る機会がなかなかない星です。そんなところから“横着な星”「おうちゃくぼし」とも呼ばれているそうです。

計算では北は福島県辺りまでが見られる限界で、それより北の地域では地平線より上に昇らないので、見ることができないそうです。反対に、南に行くほど見つけやすくなるそうです。

中国ではカノープスのことを「南極老人星(なんきょくろうじんせい)」と呼んでいるそうです。南極老人とは、日本の七福神の「寿老人(じゅろうじん)」、または「福禄寿(ふくろくじゅ)」の元になった神様で、“長寿をつかさどる”とされています。

そのため、この星を見ることは縁起が良いとされ、特に“ひと目見ると寿命が伸びる”とも伝えられているそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top