アジサイの漢字はなぜ「紫陽花」と書くのか

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。5月17日放送分のテーマは「アジサイ」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

アジサイは日本生まれの植物です。古くから「ガクアジサイ」という品種が自生していました。ガクアジサイがヨーロッパに伝わって品種改良され、逆輸入されたのが「セイヨウアジサイ」です。「ハイドランジア」とも言います。

セイヨウアジサイはガクアジサイよりも色鮮やかで、私たちがよく目にするアジサイは、このセイヨウアジサイです。

「アジサイ」という名前の語源には諸説ありますが、「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」から来たとする説が有力です。

漢字では「紫陽花」と書かれますが、この字は中国の唐時代の詩人、白居易(はくきょい)の詩に登場しています。それを平安時代の学者である源順(みなもとのしたごう)が、「これはアジサイのことだろう」と、この漢字をあてたそうです。

ところが、白居易が名前を付けた「紫陽花」と書く花は、アジサイではなく別の花だったそうです。一説には「ライラックだったのでは」と言われています。

いずれにしても源順の勘違いから、アジサイの漢字が「紫陽花」になったそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top