「スイカ」の名前、本来はどういう意味なの?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。7月5日放送分のテーマは「スイカ」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

スイカはウリ科の植物で、キュウリやヘチマ、カボチャ、メロンなどと同じ仲間です。

“スイカ=果物”というイメージがあるかと思いますが、農林水産省では“樹木に実がなるもの”のことを「果樹」、“草に実がなるもの”のことを「野菜」として扱っています。つまりスイカやメロン、イチゴは「野菜」で、栗や梅は「果樹」になるそうです。

2019年のスイカの国内出荷量で最も多かったのは、熊本県です。その次に多かったのは千葉県で、以下、山形県、鳥取県などが続いています。

国別の生産量を見ますと、同じく2019年のデータでは中国が最も多く、60%以上のシェアを占めています。以下、トルコ、インドと続きますが、日本は31位だそうです。

スイカは英語で「watermelon」であり、“水分の多い瓜”という意味です。漢字では「西瓜」と書きますが、この表記は中国から来ています。

中国では“西から伝わった瓜”という意味で「シーグァ」、または「シィグァ」と呼んでいたそうです。それが日本に伝わり、「スイカ」になったと考えられています。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top