「冷やし中華」を1年中食べられるお店とは

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。7月22日放送分のテーマは「冷やし中華の豆知識」です。

※写真はイメージです

一般的に「冷やし中華=夏限定の食べ物」というイメージですが、1年中いただける場所もあります。例えば京都市にある「中華のサカイ本店」では、「冷めん」の名前で提供されています。

こちらの店で冷めんがメニューに登場するようになったのは、1953年(昭和28年)です。当時のご主人がどこかで冷麺を食べたところ、それが美味しかったため、「再現してもっと美味しくしよう」と思ったそうです。そして、何年もの年数をかけて誕生したのが「冷めん」となります。

太めのモチモチとした食感の麺、米酢や醤油、自家製マヨネーズ、スープ、辛子などでつくられた、独特の酸味とコクがある秘伝のタレが特徴です。

こちらの冷めんには「焼豚入り」と「ハム入り」があり、多くの方は焼豚入りを注文されるそうです。また、冷めん・ライス・漬物・サラダがセットになった「冷めん定食」もあり、そちらを注文される方も多いそうです。

さらにご主人によると、こちらも名物の1つである「やきめし」に冷めんのタレをかけると、美味しいとのことです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top