『ジャングル・クルーズ』『ブラック・ウィドウ』話題のディズニー作品~映画館orおうち、どっちで観る?

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第1008回】

画像を見る(全15枚) (左)『ジャングル・クルーズ』/(右)『ブラック・ウィドウ』

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、映画館&ディズニープラス プレミア アクセスで公開中の『ジャングル・クルーズ』と『ブラック・ウィドウ』をご紹介します。

『ジャングル・クルーズ』

映画館orおうちで観たい!『ジャングル・クルーズ』~史上空前のスペクタクル・アドベンチャー

ディズニーランド・パークのアドベンチャーランドに位置し、ボートでジャングルを巡る体験が味わえるスペクタクルなアトラクション、ジャングルクルーズ。

ジャングルをこよなく愛するスキッパー(船長)の軽妙なトークに導かれながら、ゾウやワニ、ライオンなど野生動物たちに出会うひとときは、わくわくドキドキの連続ですよね。

そんなディズニーランドの人気アトラクションから、新たなアドベンチャー超大作が誕生。ミステリアスなジャングルを舞台に、壮大なアドベンチャーが繰り広げられます。

『ジャングル・クルーズ』

『ジャングル・クルーズ』のあらすじ

アマゾンに伝わる不老不死の伝説……。その“奇跡の花”を手にしたものは、永遠の命を手にすることができるという。

抜群の行動力と探究心を兼ね備えた女性博士リリーは、この秘宝を求め、弟のマクレガーを引き連れて旅に出ることに。

危険に満ちたアマゾンで行動を共にする相棒に選んだのは、オンボロクルーズ船の船長フランク。ジャングルに生息する珍しい動物やスリルあふれる先住民の村など、名所の数々をジョークを交えながら案内する彼にもまた、“奇跡の花”を探す理由があって……。

『ジャングル・クルーズ』

『ジャングル・クルーズ』のみどころ

主人公の船長フランクを演じたのは、ドウェイン・ジョンソン。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』を観て以来、いつか自分もジョニー・デップのようにアトラクションから生まれた超大作に主演するのが夢だったと語るザ・ロック様。

ダジャレ好きの陽気な船長に扮した軽妙な姿は、まさにハマり役! 観客を冒険の旅へと誘ってくれます。

そしてヒロインのリリー役には、エミリー・ブラント。ドウェイン・ジョンソンと息の合ったコンビぶりは必見です。

『ジャングル・クルーズ』

突然、水中から大きな口を開けたカバが登場したり、ジャングルに暮らす先住民から攻撃を受けたり。さらには、滝の裏側へと船が進んで行ったり。

アトラクションの“見せ場”がきちんとストーリーのなかに盛り込まれているので、本当に船で旅しているような“ライド感”を堪能できるのも嬉しいところ。ディズニーランドファンならずとも楽しめること請け合いです。

家族でカップルで、夏休みを楽しむのに最高の1作。さぁ、あなたも冒険の旅に出かけよう!

『ブラック・ウィドウ』

コチラも映画館orおうちで観たい!『ブラック・ウィドウ』~マーベル映画、2年ぶりの新作

スカーレット・ヨハンソンが約10年にわたって演じて来た、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフの知られざる物語。

孤独な暗殺者だった彼女は、なぜ“アベンジャーズ”というヒーローになったのか。そして、その衝撃の決断に至ったきっかけとは。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作としても、単独主演作としても十二分に楽しめる、究極のスパイ・アクション。『アベンジャーズ』シリーズにおける“最後のエピソード”と位置付けられている本作を、お見逃しなく。

『ジャングル・クルーズ』

『ジャングル・クルーズ』

2021年7月29日(木)映画館&7月30日(金)ディズニープラス プレミア アクセス公開中
※プレミア アクセスは追加支払いが必要です。

出演:ドウェイン・ジョンソン、エミリー・ブラント、ポール・ジアマッティ
監督:ジャウム・コレット=セラ
日本語吹替版:小山力也、木村佳乃、斉藤慎二(ジャングルポケット)
原題:Jungle Cruise
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
公式サイト https://www.disney.co.jp/movie/junglecruise.html

『ブラック・ウィドウ』

『ブラック・ウィドウ』

2021年7月8日(木)映画館&7月9日(金)ディズニープラス プレミア アクセス公開中
※プレミア アクセスは追加支払いが必要です。

出演:スカーレット・ヨハンソン、フローレンス・ピュー、レイチェル・ワイズ、デヴィッド・ハーバー
監督:ケイト・ショートランド
脚本:エリック・ピアソン
ストーリー:ジャック・シェイファー AND ネッド・ベンソン
製作:ケヴィン・ファイギ,p.g.a.
製作総指揮:スカーレット・ヨハンソン
日本語吹替版:米倉涼子 田村睦心 田中敦子 大塚明夫 関智一
原題:Black Widow
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)Marvel Studios 2021
公式サイト https://marvel.disney.co.jp/movie/blackwidow/about.html

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/


Page top