健康な老後を送るための「5つのM」 医師が解説

By -  公開:  更新:

ニューヨーク在住の老年医学専門医・山田悠史医師が8月8日(月)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。健康な老後を送るための「5つのM」を解説した。

※イメージ

『垣花正 あなたとハッピー!』月曜日~木曜日 8時~11時30分 生放送

山田は、高齢者の2割の人には病気がないと明かし、未然に防げる病気を防ぎ、健康な老後を過ごすには「5つのM」が不可欠と語った。

1つ目のMは「Mobility(からだ)」。山田は「これは、”体がどのくらい動けるか”。年を重ねていくうちに、杖や歩行器が必要になることがある。また、一見歩くことに問題がなくても、車椅子生活や転倒のリスクが増加している場合もある。一度の転倒が大きな骨折を招き、一瞬のうちに動く能力を低下させることもあり得る」と解説した。そのためには日々の運動が大切だという。

2つ目のMは「Mind(こころ)」。山田は「65歳以上の5人に1人が認知症」としたうえで「認知症には、治る認知症もあるという認識が必要」と解説。さらに、アルツハイマー病を予防するためには、難聴、血圧の管理、運動習慣などを見直すことが大切と語った。

3つ目のMは「Medication(くすり)」。山田は「65歳以上の約3人に1人は5種類以上の薬を毎日飲んでいる」と前置きし「長い間飲まなければならない薬、飲んだ方がいい薬がある一方で、やめられる薬、やめた方がいい薬もある」と指摘し「薬と上手に付き合うことは、年を重ねる中で大切」と解説した。

4つ目のMは「Multicomplexity(よぼう)」。山田は「多様な疾患を抱えた状態を未然に防ぐことが大切」と語り「健康診断を定期的に受ける、予防接種で必要な物を受ける。健康的な生活習慣を見直すことが大切」と解説した。

5つ目のMは「Matters most to me(いきがい)」。山田は「あなたの人生にとって何が最も大切か」としたうえで「生きがいを持つことで、死亡リスクが低減するなど、実は健康と密接に関係する。そういう意味で何よりも大切なことかもしれません」と解説した。

山田悠史医師

最後に山田は、これら”5つのM”を若いうちから意識することで「最高の老後を送ることができる」と語り、この話題を締めくくった。

■番組タイトル:ニッポン放送 『垣花正 あなたとハッピー!』
~3月28日から番組リニューアル。月~水曜日は森永卓郎が週に3曜日生出演。『森卓3DAYS』として、家庭の経済がプラスになるような話題や日々の性格に役立つ情報をたっぷり紹介、経済アナリストの森永の視点で解説していく。
■放送日:毎週月曜~木曜 午前8時~11時30分 生放送
■出演者:
<パーソナリティ>垣花正
<コメンテーター>森永卓郎 (月~水)、中瀬ゆかり(木)
<アシスタント>那須恵理子(月・水)、熊谷実帆(火・木)
■番組メールアドレス:happy@1242.com
■番組ハッシュタグ:#垣花正ハッピー

◆radikoタイムフリーリンク
https://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20220808080000

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!

Page top