電卓のアルファベットのボタンの意味を全部知ってる?【鈴木杏樹のいってらっしゃい】

By -  公開:  更新:

電卓には数字や『+(プラス)』『-(マイナス)』といった『数学記号』の他に、アルファベットのボタンがあります。
普段はなかなか使いませんが、その意味を知っているだけで、もっと計算を速く、簡単にすることが出来るそうです。

例えば『M』というボタンは、『メモリー機能』です。
これを使うと途中でメモを取ることなく、複数の計算が出来ます。
同じ『メモリー』でも『M+(メモリープラス)』は“直前の数値、または計算結果をメモリーに足す時”に押します。
『M-(メモリーマイナス)』は“直前の数値、または計算結果をメモリーから引く時”に押します。『MR(メモリーリコール)』は“これまでのメモリー計算の結果”を呼び出します。『RM(リコールメモリー)』も同じです。
『MC(メモリークリア)』『CM(クリアメモリー)』は、“これまでのメモリー計算の結果”をクリアします。

ここまでは、どこのメーカーさんの電卓も同じですが、『C』が付くボタンは、機種やメーカーさんによって機能が違います。
例えば『カシオ』さんの電卓の『AC』。これは『オールクリア』です。
“メモリーを含めた、全てを消去”します。
『カシオ』さん以外の電卓の場合、『CA(クリアオール)』と表示されています。

“メモリー以外を消去”する時に使うボタンは『カシオ』さんの電卓の場合、『AC』を使いますが、他のメーカーさんの電卓は『C』です。
そして“直前に入力した数値を消去”する時に使うボタンは『カシオ』さんの電卓の場合、『C』です。
これが他のメーカーさんの電卓ですと、『CE(クリアエントリー)』または『CI(クリアインプット)』です。

(2017/3/23放送分より)

radiko_time_0331

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
ニッポン放送 (月)~(金) 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
※ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top