初上陸のイタリア伝統菓子「チャルダ」専門店が誕生!

By -  公開:  更新:

こんにちは本仮屋ユイカです。毎日を楽しく過ごすための秘訣やヒントをお伝えしていく笑顔のココロエ。
本日は注目ワードや雑学を紹介するココロエ版「は・ひ・ふ・へ・ほ」です。

La Cialda ラ・チャルダ

La Cialda(ラ・チャルダ)HPより

「チャルダ(cialda)」ってご存知ですか? 日本ではあまり聞きなれない言葉かと思いますが、「チャルダ」とはイタリア伝統のお菓子のこと。
東京自由が丘にチャルダの専門店が本格的にオープンしたということで、今日はそのチャルダについて学んでみたいと思います。

「チャルダ」とはイタリアのトスカーナ地方に古くから伝わる焼き菓子です。ワッフルの原型とも言われており、開閉式の鉄の焼き型に小麦粉、卵黄、牛乳、バターから成る生地を流し込み、薄く焼き上げれば完成というシンプルなお菓子です。

一枚ずつ食べてもクリームやジャムなどを挟んで食べてもいいそうですが、古くは婚礼には欠かせないおめでたい引き出物で、あの、メディチ家の結婚式にも登場したという記録もあるようです。

<ユイカの感想>

実は目の前にあるのでいただいてみます! 3種類あるのですが、まずは、キツネ色のチャルダ。「チーズ」です。すごくおいしいです。これはチーズがたっぷりと煉りこまれた生地で塩気のあるタイプですね。パリッといくけどしっかりしていて食べごたえがあります。

次は「スプレット・サンド」450円。これは2枚重なっていて中にクリームが入っています。ピスタチオ・クリームだそうです。おー! 先ほどのチーズ味よりも色が濃いです。中に緑色のクリームが入っています。これはピスタチオの香りとゴーフレットの生地、これはもっとシンプルです。あまり甘みが強くないからクリームとすごく合って、美味しいです。

最後はラージサイズ、私の顔くらい大きい「プレーン」350円です。これも茶色い色をしています。ん~、シンプル! 生地事態の甘みが強く感じますね。バターの香ばしい匂いがします。美味しいです~。

日本初上陸で無添加。そして一つずつ丁寧に手作りしているので体にも優しいです。美味しかった!

今日ご紹介しましたのはイタリア・トスカーナ地方の伝統菓子「チャルダ」でした。

(11月28日放送分より)


『太田胃散プレゼンツ 本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 15:36~ ABCラジオ14:54~


Page top