ハッシュドビーフとハヤシライスの違いって?ビーフストロガノフとは違うの?

By -  公開:  更新:

世の中には双子のような料理や食材がありますよね。例えばハッシュドビーフとハヤシライス、ビーフシチューにブラウンシチュー、またはビーフストロガノフ……あなたはその違いを説明できますか?

ハッシュドビーフとハヤシライスの違いって?

ハッシュドビーフとハヤシライスの違いなのですが、実は明確になっていません。どちらも薄切り肉と玉ねぎをドミグラスソースをベースに煮込みます。どちらかというとハッシュドビーフは大人な味付け、ハヤシライスはトマトソースやケチャップを加えて親しみやすい甘めの味というイメージがありますが、ハッシュドビーフにもトマトソースを使う場合があります。どちらも白米にかけて食べるのが一般的。そうです、これらは日本生まれの西洋風料理です。

西欧にもハッシュドビーフはありますが、野菜とお肉を煮込んだ料理のことを指していました。まるでビーフシチューのようですね。

ビーフシチューとハッシュドビーフ、ハヤシライスの違いは?

それでは、ビーフシチューとハッシュドビーフ、ハヤシライスの違いはなんでしょうか。一番の違いはお肉にあります。ビーフシチューは厚みのある塊の牛肉を使います。また、野菜も玉ねぎだけでなく、じゃがいも、ニンジンなども合わせてブイヨンで煮込みます。

ビーフシチューとハッシュドビーフ、ブラウンシチューの違いは?

似たものにブラウンシチューもあります。こちらはシチューの具材は同じく、ソースがブラウンソースとなります。ブラウンソースとは小麦粉をバターで炒めたルーにブイヨンを加えたもの。それにフォンドボー等を加えるとドミグラスソースになります。

ビーフシチューとハッシュドビーフ、ビーフストロガノフの違いは?

また、ビーフストロガノフという料理もありますが、ビーフシチューとハッシュドビーフとの違いはなんでしょうか。
こちらはロシア生まれ。ほぼビーフシチューですが、仕上げにサワークリームを入れますので少し白っぽくなります。

これでハッシュドビーフとハヤシライスだけでなく、ビーフシチューやブラウンシチュー、ビーフストロガノフまで、その違いを説明できるようになりましたね!

 

暖かくなるとどこかに出かけたいな~という皆さん! 南房総の千倉にいらっしゃいませんか。

日本で唯一、料理の神様をお祀りする「高家たかべ神社」のお膝元である千倉では、2月28日(水)まで、グルメなイベントキャンペーンが行われています。

個性豊かな飲食店が並ぶ千倉の街で、昨年の冬に訪れたお客さんが実際に食べた料理の注文数を集計。その結果を、お寿司や和食・ラーメン・うどん・カフェ・居酒屋など、お店のジャンル別にランキング形式で発表しています。

イチゴ狩りやお花摘みなど、日帰りでも楽しめる春の南房総。是非、各お店が趣向をこらし、沢山の方に愛された自慢のメニューをこの機会に味わってみませんか。

キャンペーンのチラシは、海ほたるやPAや、市内の道の駅などにも置いています。詳しくは、南房総市観光プロモーション課 電話0470-33-1091までどうぞ!

千倉のグルメなイベントキャンペーン
キャンペーンチラシ:海ほたる、各PA、千倉市内の道の駅など
お問い合わせ:南房総市観光プロモーション課 電話0470-33-1091

【ハロー千葉】

Page top