池松壮亮×満島真之介×大倉孝二、好きな人のために名前を捨てました!?『君は君で君だ』

By -  公開:  更新:

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第436回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、7月7日公開の『君が君で君だ』を掘り起こします。


尾崎豊、ブラピ、坂本龍馬。なりきり男子たちの超純愛エンターテイメント!


シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」の一節に、ジュリエットが愛するロミオを想いながら「私を愛しているなら、モンタギューの名を捨てて」と独白する有名なセリフがあります。本作は、大好きな女の子の“好きな男”になりきるために、本当に自分の名前すら捨ててしまった男たちのお話。

『アズミ・ハルコは行方不明』や『アイスと雨音』で知られる松井大悟監督が長年温めてきたオリジナルストーリーが、ついにスクリーンにお目見えです。


大好きなソンが好きな「尾崎豊」「ブラッド・ピット」「坂本龍馬」になりきる、3人の男たち。彼らは自分の名前さえ捨て去った10年間、彼女のあとをつけてはこっそり写真を撮り、彼女と同じ時間に同じ食べ物を食べ、向かい合うアパートの一室に身を潜めて、彼女にその存在がバレることなく暮らしてきた。

しかしある日、ソンに迫る借金取りに、3人の存在が見つかってしまう。借金の取り立てから彼女を守るべく立ち上がろうとする「尾崎豊」「ブラピ」「坂本龍馬」たちだが、あえなく返り討ちに遭って大失敗。

やがて、彼らの恋の行方は思わぬ方向へと進んでいく…。


本作はとにかく、「尾崎豊」「ブラピ」「坂本龍馬」になりきる俳優たちの振り切った演技が圧巻。劇中では尾崎豊の歌も披露し、盗んだバイクで走り出しそうな勢いで「尾崎豊」になりきる、池松壮亮。額にシワを寄せたしかめっ面をした、まぁ言われてみれば「ブラピ」だなぁ…と、その姿に思わずほくそ笑んでしまう満島真之介。ひたすら「坂本龍馬」の名台詞を投げかけ、意中の女性のハートを掴もうと躍起になる大倉孝二。ほかの俳優では考えられないほどのハマりっぷりをみせるキャスティングの妙に、誰もが魅了されること間違いなし。

またヒロインの(or である)ソン役を務めるのは『息もできない』の演技で世界中から注目を集めた韓国人女優キム・コッピ、さらに向井理、YOU、高杉真宙らが、主人公たちに引けを取らないほど強烈なキャラクターを大熱演。そう、俳優たちの熱量の高さこそ本作の命! なのです。


触れ合うこともなければ告白することもなく、ただ愛する人を見守るだけ。

この愛は、純愛か異常か。本作に出会ってしまったら、あなたの恋愛観は変わってしまうかも。


君は君で君だ
2018年7月7日から七夕全国公開
監督・原作・脚本:松居大悟 
音楽:半野喜弘
エンディング・テーマ:「僕が僕であるために」作詞・作曲:尾崎豊
出演 :池松壮亮、キム・コッピ 、満島真之介、大倉孝二、高杉真宙、向井理、YOU ほか
©2018「君が君で君だ」製作委員会
公式サイト https://kimikimikimi.jp/

八雲ふみね しゃベルシネマ

Page top