『気化熱』や『凝縮熱』を利用したエアコンの仕組みを解説!

By -  公開:  更新:

ニッポン放送のラジオ番組『鈴木杏樹のいってらっしゃい』では、『気化熱』や『凝縮熱』とは何かということや、エアコンの仕組みについて紹介しました。

『気化熱』や『凝縮熱』を利用したエアコンの仕組み

空気中には『熱』が含まれています。部屋の中の熱が多いと、その部屋は暑くなります。逆に空気中の熱が少なくなると、涼しくなります。そこでエアコンは部屋の空気から熱だけを外に追い出して、部屋を涼しくしています

その方法ですが、エアコンは部屋の中にある『室内機』と、部屋の外にある『室外機』の2つで1つのセットになっています。『室内機』と『室外機』は、パイプで1つに繋がっていて、このパイプで部屋の空気中の熱を外に運んでいます

この熱を運び出す働きをしているのが、『冷媒』という物質です。この『冷媒』によって、冷房の時には部屋の熱を外に、暖房の時には外の熱を部屋に移動させることが出来ます。

水のような液体が蒸発すると、気体になりますが、その時、熱が必要なため、周囲から熱を吸収します。この熱のことを『気化熱』といいます。夏に打ち水をすると涼しくなりますが、これは打ち水をすることで、地面から気化熱が奪われていくためです。

また注射の時、アルコールを含ませた綿で腕を拭くとヒヤッとしますが、これも液体のアルコールが蒸発する時に、身体から気化熱を奪っているからです。エアコンの冷房は、こうした気化熱の原理を利用しています

逆に気体が液体になる時、周囲に熱を放出しますが、この熱のことを『凝縮熱』といいます。エアコンの暖房は、この『凝縮熱』の原理を利用しています

(「スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい」 より)


Page top