『原宿といえばクレープ』の原点を作った2つの店

By -  公開:  更新:

クレープは以前からケーキ屋さんや、ホテルのレストランなどで存在していましたが、日本で最初のクレープ専門店は、1976年(昭和51年)に誕生しました。
東京・渋谷の公園通りの駐車場に、1台の小さなワゴン型の店舗『マリオンクレープ』が誕生しました。
“クレープ=食べ歩きが出来るように紙で巻いてある”というイメージをお持ちの方、いらっしゃるかと思いますが、このスタイルもこのとき日本で初めて提供されたそうです。

『マリオンクレープ』は翌1977年に、東京・原宿にあります竹下通りにお店をオープンしました。
この年、同じく竹下通りに『カフェ・クレープ』がクレープ専門店『ブルーベリーハウス』をオープンしました。
『ブルーベリーハウス』では、クレープにアイスクリームや生クリーム、フルーツなどを包む…という新しいスタイルを取り入れました。

そのキッカケは、1979年の夏の暑い日のことです。アイスクリームが入った『最中』にヒントを得て、クレープに日本で初めてアイスクリームを入れたそうです。
この“温かいクレープ生地と冷たいアイスクリームの組み合わせ”はとても話題になって、その後、アイスクリームに加えてフルーツと生クリームをメインとするクレープが誕生しました。

『マリオンクレープ』と『カフェ・クレープ』、この2つのお店によって、“原宿といえばクレープ”というクレープ文化が確立されました。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。


Page top