日本でポピュラーなコショウは“オリジナルブレンド”?

By -  公開:  更新:


コショウには『ブラックペッパー(黒胡椒)』、『ホワイトペッパー(白胡椒)』、『グリーンペッパー(青胡椒)』、『ピンクペッパー(赤胡椒)』といった種類があります。

コショウの実は最初は緑色をしていて、完全に熟した状態になると赤くなります。
『ブラックペッパー』は、緑色の未熟の実を摘み取って天日干しし、乾燥させたものです。風味や辛みが強いので、下ごしらえや味付けに最適です。特に肉料理によく使われます。

『ホワイトペッパー』は、赤く熟した実を数日間、水に浸して、柔らかくなった外側の皮を剥いたものを天日干ししたものです。『ブラックペッパー』よりも辛みは強くなく、上品な香りが特徴です。白身の魚や鶏肉といった淡泊な素材を使う料理や、色の淡いホワイトソースや、ポタージュなどによく使われます。

日本で一般的に『コショウ』として販売されている粉末状のものは、ブラックペッパーとホワイトペッパーの粉末をブレンドしています。これは日本オリジナルのコショウだそうです。

『グリーンペッパー』“未熟の実を、軽く茹でてから塩漬けしたもの”と、“未熟の実を特別な機械を使って、低温で短時間に乾燥させたもの”、いわゆる“フリーズドライ”の2つの種類があります。
『グリーンペッパー』は風味が爽やかで、辛みもほとんどないので、調味料としてよりも彩りとして使われることが多いです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top