ヤギは本当に紙が好きなの? 食べられるの?

By -  公開:  更新:

「ハロー千葉」では、千葉のイベント情報に合わせて耳より情報を紹介する。今回は、成田ゆめ牧場からゴールデンウィークのイベントに関する話題だ。

ヤギさんがお手紙を読まずに食べてしまう…そんな童謡を、子供の頃よく聞きましたよね。
まど・みちおさんによる可愛らしい作詞ですが、そんなところから、我々は「ヤギ=紙を食べる動物」というイメージをしがちです。

しかし、ヤギは本当に紙を好んで食べる動物なのでしょうか?

答えはNOです。むしろ、現代の紙は化学薬品やインクが使われているため、ヤギがうまく消化できずとても体に悪いそうです。
消化不良によって腸閉塞などを起こす場合もあるため、くれぐれも与えないようにしてください。

ではなぜ、ヤギが紙を食べる印象ができたのでしょう? それはどうやら、昔の紙の材質にあったようです。

普段、ヤギは木の葉を好んで食べています。木の葉はたくさんの繊維があり、わりと固いものですが、ヤギの胃袋はバクテリアで木の葉を溶かして食べるはたらきがあります。おそらくヤギは、繊維の匂いを葉っぱと勘違いして紙を口にしてしまうのではないかと言われています。
また、目の前で紙がちらつくと口にしてしまうこともあるらしく、触れ合うときにはパンフレットや新聞などを持っていたら要注意です。

化学繊維や薬品が発達していなかった頃は、紙も自然由来の植物のみで作られていた時期がありました。そのため、ヤギに食べられても特に問題なかったようです。
視界に入ったものは口にする傾向があるため、自然由来の紙でできた書類などを食べられてしまうことがあったそうで、そこから紙を食べるイメージがついたのかもしれません。

動物園によっては、わざわざ注意の立て看板を細かく書いて下さっているところもあります。
動物のプロの指示に従って、マナーを守って触れ合えるといいですね。


二度と来ないかもしれない10連休が、いよいよスタートします。
成田ゆめ牧場では、4月28日・29日、5月3日・4日の4日間、特別に朝8時オープン

開園から先着で「三文チケット」を限定無料配布します!
このチケットをGETすると、お昼には体験できないイベントが4日間限定で楽しめます。

ゲートを開けた途端、待ちかねた50頭以上のヤギさん・ヒツジさんが怒涛のダッシュで向かって来る迫力満点の大放出ショーほか、朝ならではの楽しさがいっぱい。
さらに、5月3日~5日には本物のSL蒸気機関車が牧場を駆け巡ります。春の青空に黒煙を吹き上げながら力強く車輪を軋ませる勇姿が見られるのは、年に数日だけ!
さらに大人気のキャンプは連日満枠状態ですが、最終日となる5日からのご一泊は、若干数ですが空き枠の可能性あり!

開園時間やイベント、キャンプ場の残枠確認とご予約は、ぜひゆめ牧場HPでチェックしてください。

成田ゆめ牧場
〒289-0111 千葉県成田市名木730
営業時間:9:00~17:00
※入場最終受付:16時
※GWや冬期(12月~2月)等、季節により変動がございます。
年中無休・年末年始も休まず営業いたします。
詳しくはこちら

Page top