内臓脂肪って全くない方がいいの? ちょっとはあってもいいもの? 医師が回答

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(8月29日放送)で、内臓脂肪に関して医師が回答した。

番組に寄せられた健康の疑問『内臓脂肪って全くない方がいいの? ちょっとはあってもいいもの?』に対して、医師が回答した。

「からだが消費するエネルギー量以上に摂取エネルギー量が多いと、使い切れない分は、通常、皮下脂肪、内臓脂肪、脂肪(脂肪筋や脂肪肝など)の順に蓄積されます。

皮下脂肪は、非常時のエネルギータンクであり、身体が何かにぶつかるなどの際の衝撃を和らげ、温度変化を断熱して体温を保つ持つほか、さまざまな生理活性物質を分泌するなどの機能を持っており、過剰でない限り必要な脂肪といえます。

内臓脂肪も外界からの物理的衝撃を吸収することで、重要な器官を保護する機能があり、内臓脂肪が少ないと臓器下垂(胃下垂など)の状態になりますので全くない方がいいとは言えません。

しかし、内臓脂肪細胞は、脂肪の蓄積量が多くなるにつれ、高血圧、脂質異常、糖代謝異常などのメタボリックシンドロームと呼ばれる動脈硬化を起こす状況をもたらします。

とても痩せている人や運動選手では、内臓脂肪がほとんどないこともありますが、メタボリックシンドロームのような生命に関わる問題になることはありません。異所性脂肪は、本来あるべきでない場所に脂肪が蓄積するものなので、全くないのが良いのです。

したがって、内臓脂肪は、ちょっとはあるのが普通で、ちょっとあっても構わないが、多くなるにつれて好ましくない代謝をもたらしてくるので、極端に少ない場合を除けば少ないに越したことはない、ということになります」

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

番組情報

草野満代 夕暮れWONDER4

毎週月曜〜木曜 16:00 - 18:00

番組HP

素敵な音楽&豊かな暮らしを、あなたに!「草野満代 夕暮れWONDER4」
(放送は2020年7月2日まで)

Page top