草薙素子たちのまったく新しい物語、いま再び世界を震撼させる!

By -  公開:  更新:

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第818回】

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。

今回は、4月23日からNetflixで全世界独占配信の「攻殻機動隊 SAC_2045」をご紹介します。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

神山健治 × 荒牧伸志「攻殻機動隊」シリーズ最新作!

1989年に士郎正宗により発表された原作コミック「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」を起源に、アニメーション、ハリウッド実写映画など、さまざまな作品群が展開されている「攻殻機動隊」シリーズ。

その最新作となる「攻殻機動隊 SAC_2045」が、ついにNetflixオリジナルシリーズとして配信がスタートしました。

舞台は、情報ネットワークと、脳をネットに接続する電脳化やサイボーグ技術が飛躍的に発展した近未来。サイバー犯罪やテロに立ち向かう内務省公安9課(通称 攻殻機動隊)の活躍を描いた、まったく新しい物語です。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

2045年。すべての国家を震撼させる経済災害“全世界同時デフォルト”の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的かつ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した。

傭兵部隊として腕をふるっている全身義体のサイボーグ・草薙素子とバトーたち元・公安9課のメンバーは、電脳犯罪やテロに対する攻性の組織に所属し、卓越した電脳・戦闘スキルを持つ彼女たちにしてみれば、時代はまさに“この世の春”だった。

そんな草薙率いる部隊の前に、“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が、突如として現れる。彼らはいかにして生まれたのか。そして、その目的とは…。大国間の謀略が渦巻くなか、いま再び“攻殻機動隊”が組織される…。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

共同監督としてタッグを組むのは、「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズの神山健治と「APPLESEED」シリーズの荒牧伸志。モーションキャプチャ技術とフル3DCGを導入するなど、映像表現が大幅にアップデート。

キャラクターはさらに生き生きとし、ハイスピードで繰り出されるアクションシーンも迫力満点! 先鋭的な世界観とビジュアル表現により、2045年の未来像を提示します。

ボイスキャストには、田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズのオリジナルメンバーが集結。新たな「攻殻機動隊」に命を吹き込んでいます。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

全12話から構成され、1週間に1話ずつ配信されるので、「攻殻」ファンも「攻殻」の世界に初めて触れる人も「早く続きが観たい!」とハマること確実。

すでにシーズン2の制作も決定。全世界のクリエイターに影響を与えて来た近未来SFの金字塔が、改めて世界を震撼させることは間違いないでしょう。

ニッポン放送「Tokyo cinema cloud X」

■Netflixオリジナルアニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」

Netflixにて、4月23日(木)全世界独占配信(※中国本土を除く)
原作:士郎正宗「攻殻機動隊」(講談社 KCデラックス刊)
監督:神山健治 × 荒牧伸志
シリーズ構成:神山健治
脚本:神山健治、檜垣亮、砂山蔵澄、土城温美、佐藤大、大東大介
キャラクターデザイン:イリヤ・クブシノブ
音楽:戸田信子 × 陣内一真
オープニングテーマ:「Fly with me」millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045
エンディングテーマ:「sustain++;」Mili
音楽制作:フライングドッグ
制作:Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS
製作:攻殻機動隊2045製作委員会

〈メインキャスト〉
草薙素子:田中敦子
荒巻大輔:阪脩
バトー:大塚明夫
トグサ:山寺宏一
イシカワ:仲野裕
サイトー:大川透
パズ:小野塚貴志
ボーマ:山口太郎
タチコマ:玉川砂記子
江崎プリン:潘めぐみ
スタンダード:津田健次郎
ジョン・スミス:曽世海司
久利須・大友・帝都:喜山茂雄
(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会
公式サイト https://www.ghostintheshell-sac2045.jp/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/


Page top