横浜駅「おべんとう秋」(730円)~いまこそ駅弁で秋を感じて、鉄道旅!

By -  公開:  更新:

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

185系電車・特急「踊り子」、東海道本線・戸塚~大船間

グリーンストライプの「踊り子」号が入って来ると、思わず海を見に出かけたくなりますね。
湘南、西湘、伊豆と下って行くにつれ、思わず窓を開けて、潮風を浴びながら磯の香りを感じてみたくなったりするもの。
昭和56(1981)年デビューの40年目、185系電車の旅が楽しめるのも「いま」だけ。
駅弁片手に楽しむ、ちょっぴり懐かしい鉄道旅は、きっと明日の元気になりますよね!

おべんとう秋

伊豆・湯河原方面への温泉旅、お宿ではたっぷりの海の幸が待っています。
だから、お昼はチョット軽めに抑えておきたいという方も多いハズ……。
そんな「踊り子」号に揺られて出かける1~2時間、小腹を満たしたいときにピッタリなのが、横浜駅弁「崎陽軒」の季節弁当です。
現在は、11月30日までの予定で、「おべんとう秋」(730円)が販売されています。

おべんとう秋

【おしながき】
・きのこご飯 紅葉型人参、舞茸煮
・秋鮭の藻塩焼き
・玉子焼き
・蓮根入りつくね煮
・チンゲン菜と白滝ときのこの和え物
・昔ながらのシウマイ 2個
・煮物(椎茸、人参、蓮根)
・生姜風味大根漬け
・大学芋

おべんとう秋

色づいた葉っぱが描かれた掛け紙を外すと、舞茸やぶなしめじが入ったきのこご飯が目を引きます。
和え物のえのき、煮物の椎茸も加わって、全4種のきのこの味わいが楽しめます。
さらに、秋鮭の藻塩焼きから、デザートの大学芋まで、秋らしい食材がふんだんに使われ、座席回りをパァーッと秋色に染めていきます。
もちろん、昔ながらのシウマイも2個入って、横浜らしさも味わえます。

E261系電車・特急「サフィール踊り子」&E233系電車・普通列車、東海道本線・大船~藤沢間

きょうも「踊り子」号や普通列車が行き交う、東海道本線。
駅弁は“いつもの味”を選ぶ方も多いと思いますが、少しだけいつものルーティンを変えてみると、意外な新発見があるかも知れません。
観光でもビジネスでも、四季のある国・日本だからこそ、季節感を大事にしたいもの。
「駅弁」は、季節を感じる物差しの1つでもあります。

連載情報

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史
昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。
駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Page top