大人になっても鼻血が出る。鼻血の止め方ってどうすればいいの? 医師が回答

By -  公開:  更新:

「鼻血の止め方」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」(8月27日放送)で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『先日、のぼせてしまったようで鼻血が出ました。素朴な疑問ですが、鼻血の正しい止め方ってどうすればいいのでしょうか?』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

「鼻血は体の奥から出血しているわけではなく、鼻の入り口近くで出血していることがほとんどです。

入り口付近に血管が集中しているところがあり、わずかな刺激でも血が出てしまいます。ですから、鼻血が出たら出血部分をしっかり押さえて止血しましょう。

具体的には、鼻の付け根を親指と人差し指で強めに押さえてください。そして、ここからがポイントです。

前かがみになって、顔はやや下に向けましょう。鼻血が出たら上を向くイメージがあるかも知れませんが、実は間違いです。

上を向くと、血がのどの方に流れて気分が悪くなってしまうこともあるため、顔は下に向けて、血がのどから降りて来たら吐き出すようにしてみましょう。

押さえたままで、この姿勢を15分ほど保ちます。血がサラサラになるお薬を飲んでいる場合や、30分以上の止血をしても血が止まらない場合、あるいはふらふらする場合などは、病院を受診した方がいいかも知れません」

協力:医療ライター・横井かずえ
監修:日本健診財団

番組情報

健康あるあるWONDER4

毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30

番組HP

健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

Page top