乾燥する時期になるとなぜ頭皮からフケが出るの? 医師が回答

By -  公開:  更新:

「乾燥とフケ」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」(12月30日放送)で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『乾燥する時期になると、なぜ頭皮からフケが出るのでしょうか?』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

「乾燥する時期になると、なぜ頭皮からフケが出るのか。これは、頭皮も乾燥に弱いからです。

代謝によって、古くなった頭皮の角質が剥がれ落ちたものがフケです。空気が乾燥する冬になると、乾燥によって頭皮のバリア機能が低下してしまい、代謝サイクルが乱れ、未熟な角質までもが大量に剥がれ落ちるようになります。

これは乾性フケと呼ばれるもので、白く細かく、パラパラと落ちて目立ちやすいです。また、バリア機能の低下によって外部からの刺激にも弱くなり、痒みも起こりやすくなります。

痒いからと爪先、あるいは指先で頭を掻いてしまうと、頭皮が傷つき、さらにフケの量を増やすことにつながってしまいます。

他にもドライヤーを近づけすぎたり、シャンプー剤の洗浄力が強すぎたりすると、より頭皮の乾燥を招くことになるため注意が必要です」

協力:医療ジャーナリスト・森まどか
監修:日本健診財団

番組情報

健康あるあるWONDER4

毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30

番組HP

健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

Page top