「日本で初めて時刻が定められた日」はいつ?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。6月10日放送分のテーマは「電波時計」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

時刻やカレンダーを自動的に修正して合わせてくれるのが、「電波時計」です。

電波時計は「標準電波」を受信していますが、これは“10万年に1秒の誤差”と言われる「セシウム原子時計」をもとに、日本に2ヵ所ある電波送信所から送信されています。

その電波を受信して、電波からデータを取り出し、正しい時刻やカレンダーを表示しています。 世界で初めて標準電波を利用した電波腕時計が発売されたのは、1990年(平成2年)のドイツです。

また、6月10日は「時の記念日」とされています。日本で初めて時刻が定められた日であり、飛鳥時代の671年、天智天皇が水時計を使って、日本で最初に時を知らせたことに由来しています。これが現在の暦で6月10日にあたります。

「時の記念日」として定められるようになったのは、1920年(大正9年)です。当時は時間に対する意識があまり高くなかったそうで、時間をきちんと守り、規則正しく効率的な生活を習慣づけることを目的に、「時の記念日」が誕生しました。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top