「UV」って一体何なの? 紫外線対策をあまりしないとどうなるの?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。7月13日放送分のテーマは「紫外線の種類」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

紫外線は英語で「ULTRA VIOLET RAY」、略して「UV」と呼ばれています。

紫外線は強いエネルギーを持った光線ですが、波長の長さによって「A」「B」「C」の3種類に分けられます。それぞれ「UV-A」「UV-B」「UV-C」と呼ばれています。

なかでも「UV-C」は強い殺菌効果があります。ただし、地球のはるか上空にあるオゾン層に吸収されるため、地表には到達しません。地表に届くのは「UV-A」と「UV-B」で、その多くが「UV-A」です。

“紫外線=日焼け”というイメージがありますが、日焼けを起こす力で比べると、UV-BはUV-Aの600倍~1000倍強いと言われています。UV-Bは地球上に届いている量は少ないのですが、皮膚の細胞のDNAに傷をつけてしまいます。

皮膚の細胞にはDNAの傷を修復する仕組みが備わっていますが、DNAの傷が大き過ぎたり、その傷が何度も発生したりすると、修復能力を超えてしまいます。その結果、誤った遺伝情報である突然変異が起きて、皮膚がんの原因になると考えられています。

日本で紫外線が最も多くなる時期は、UV-Aが5月、UV-Bが7月~8月です。ですから、この時期は特に紫外線対策が大切です。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top