「宇宙の果て」に関する、2021年に観測された天体とは

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。9月1日放送分のテーマは「宇宙の果て」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

「宇宙に果てはあるのか?」「あるとすれば、どうなっているのか?」……その疑問の解明に、古くからたくさんの人が取り組んでいます。

2021年1月、国際研究チームは観測史上、地球から最も遠くに位置する「クエーサー」を発見しました。クエーサーとは「宇宙で最も明るい」と言われる天体で、その距離は地球から約131億光年です。

秒速約30万kmの光が、1年間に進む距離のことを「光年」と言いますが、今回発見されたクエーサーは、その131億倍のところにあります。

宇宙が誕生したのは138億年前と考えられています。つまりクエーサーは、宇宙が誕生してから約7億年後に生まれた“宇宙初期の天体の姿”ということになります。そして、そのときの光が131億光年かけて地球に届いたことになります。

現在、地球にいる私達が観測できたのは、この131億光年の距離までで、残念ながらその先はまだ確認できていません。このように、まだまだ解明されていないことが多いので、「宇宙の果ての存在そのものがわからない」というのが、いまのところの結論になるそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top