なぜ「墓参りには菊の花」が供えられるのか

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。9月23日放送分のテーマは「墓参りと菊の花の関係」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

秋のお彼岸など、お墓参りの際に菊の花がお供えされますが、それにはいくつか理由があるそうです。

例えば、「菊は花持ちがいいから」という理由。菊は他の花に比べて長持ちすると言われるため、長くきれいな状態でお供えできるということです。

また菊は、その香りなどから「邪気をはらう」とも言われています。種類が多いことも選ばれる理由の1つです。1年中買うことができる花ですので、春・秋のお彼岸にも対応できます。

お供えするときの菊の色ですが、その方が亡くなって日が浅い場合は、「控えめな白や淡い色」を選ぶのが一般的だそうです。それ以降はさまざまな色の菊をお供えしますが、例えば3本の場合は「白・黄色・紫」の組み合わせ。5本の場合は「白・赤・黄・紫・ピンク」などの組み合わせが多いそうです。

お供え用に使われることが多い菊ですが、白い菊は「思いやりや慎みの心の表れ」とされています。そういったことから、白い菊には「真実」や「誠実」などの花言葉が付いています。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top