「世界最古のハサミ」はいつごろ誕生したの?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。4月11日放送分のテーマは「ハサミ」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

私たちが日常で何気なく使っているハサミ。その歴史は古く、紀元前1500年ごろに登場したと言われています。現在も残っている最古のハサミは、紀元前1000年ごろにギリシアでつくられたとされるハサミです。

そのハサミは「握りばさみ」と呼ばれるタイプで、その名のとおり握って使うハサミです。指を入れる穴がなく、「糸切りばさみ」や「和ばさみ」と呼ばれています。当時は主に羊の毛を刈るとき、このハサミを使っていたと考えられています。

それに対して、指を入れる穴があるハサミは「洋ばさみ(西洋ばさみ)」などと呼ばれます。洋ばさみのなかでも、布地を切るときに使うハサミは「裁ちばさみ」「ラシャ切りばさみ」と呼ばれています。

洋ばさみは、握りばさみの誕生よりもあとにできたと言われています。それぞれ見た目の形から、握りばさみは「U字型」、洋ばさみは「X字型」と呼び分けることもあるそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top