「事務用ハサミの原型」とされる、フィンランドのハサミとは?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。4月14日放送分のテーマは「ハサミの進化」です。

※画像はイメージです

ハサミは時代や生活スタイルの変化とともに、どんどん進化していきます。そして1967年(昭和42年)、フィンランドのメーカー「フィスカース」のハサミが登場し、ハサミの歴史を大きく変えていきました。

このハサミは「オレンジハンドル」と呼ばれ、持ち手の部分がオレンジ色の樹脂でできています。ハサミと言えば金属製が当たり前だった時代に、良質で錆びないステンレスを使ったことで、それまでのハサミよりも軽くなっています。

見た目・使いやすさともに優れ、さらにハンドルが目立つ色をしていたので、デスクや引き出しのなかに埋もれていても、すぐに見つけることができます。それも含めて、フィスカースのハサミは「現在の文房具や事務用のハサミの原型」とされています。

その後もハサミは進化していきますが、2000年代になると小型化がブームになっていきます。特に、レイメイ藤井のペン型ハサミ『ペンカット』の登場は、ハサミの歴史のなかでも画期的なものとなりました。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top