オシリ封印の大ケッ作!『映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第186回】

By -  公開:  更新:

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、4月15日から公開の『映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』を掘り起こします。

野原一家が全員子どもになって、ニッポン縦断の旅に出る!

01(w680)

劇中に登場する架空のスーパーマーケット「サトーココノカドー」が春日部市に期間限定で出現するなど、アニメ25周年を記念して何かと賑わいをみせている『クレヨンしんちゃん』。
記念すべき劇場映画25作目を飾るのは、宇宙人との感動ロードムービー『クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』。
しんちゃん、トレードマークのオシリは封印して大活躍です。

02(w680)

ある夜、突然野原家にやって来た宇宙人の“シリリ”。
初めて目にする地球人に怯えてシリリが放つ謎のビームで、ひろしとみさえは25歳も若返り、子どもの姿になってしまう。
大人に戻るためには、日本のどこかにいると言うシリリの父親の元に行かなければならない。
そこで全員が子どもの野原一家はシリリをしんのすけのオシリに隠し、日本縦断の旅に出ることに。
しかしその裏では、シリリの父親が企む巨大な陰謀が隠されていた…。

03(w680)

『嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』以来、5年ぶりとなる“しんのすけ meets 宇宙人”な劇場版最新作。
本作のキーパーソンであるシリリ役は、その名のとおり、どこか“オシリ”を彷彿させるキャラクター。
子どもになってしまったひろしやみさえに代わり、しんのすけのおバカなギャグに冷静にツッコミを入れる名コンビぶりも発揮しています。

今作ではゲスト声優として雨上がり決死隊の宮迫博之、蛍原徹、さらに本人役で本作の大ファンという志田未来が登場。
25周年記念に相応しく、壮大なストーリーに笑いと感動がたっぷり詰め込まれた作品となりました。

04(w680)

“子ども向けのマンガ”というイメージがあるかもしれませんが、実は連載開始から一貫して青年漫画誌やレディースコミックで掲載されており、原作は青年向けマンガのジャンルに入ります。
大人から子どもまで年代や性別を超えて愛される由縁は、ここにあるのかもしれません。

中でも毎年公開される映画は、第1作公開時からウェルメイドな感動ストーリーが人気となっていて、必ず映画館に足を運ぶ「クレしん」ファンも数多く存在します。
家族愛、兄弟愛、友情…、思わずハッとさせられ、時にウルッとしていまう名言が散りばめられているのも、このシリーズの大きな見どころ。

今作でグッと胸に迫った名言は…。
言ってしまうとネタバレになるので伏せておきますが、しんのすけとシリリの友情物語には、ほっこり心が温かくさせられます。

また“父親の存在”を問いかけるエピソードも印象的。
子どもになってもなお、家族を守ろうとするヒロシの姿に大感動!
よっ、カッコいいぞ、ヒロシ!

この春、家族揃って楽しめる大ケッ作です。

05(w680)

映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ
2017年4月15日から全国東宝系にてロードショー
監督・脚本:橋本昌和
声の出演:矢島晶子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ、沢城みゆき、宮迫博之(雨上がり決死隊)、蛍原徹(雨上がり決死隊)、志田未来 ほか
©U/F・S・A・A 2017
公式サイト http://www.shinchan-movie.com/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/


Page top