なぜ豆まきに「落花生」を使う地域があるのか?

By -  公開:  更新:

「ハロー千葉」では、千葉のイベント情報に合わせて、耳より情報を紹介する。今回は、「ながらグリーンツーリズム」からイチジク摘み・栗拾い・落花生掘り・さつま芋掘りなどの体験イベント情報だ。


落花生というと、皆さん何を思い浮かべるでしょうか?
いわゆるピーナッツとも呼ばれますが、私たちの生活にとても馴染んだ食べ物ですよね。そのまま食べてもおいしいし、ピーナッツバターとしてパンに塗ったり、沖縄の「ジーマーミー豆腐」の原材料だったりもします。

しかし、節分の「豆まき」に使用する地域がある、と言われたらどうでしょう?
「節分の豆は大豆じゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

実は文化の多様性として、節分の豆まきに落花生を使う地域は、東北に多いそうです。
北海道・東北・北陸・南九州などの家庭では、広く落花生をまいて鬼退治をすることが分かっています。

一般的な節分では炒った「大豆」を投げますね。なぜ炒り豆を投げるのかについては、厄災を豆に負わせ捨てるものであるため、まいた豆から芽が出ては縁起が悪いから、という理由だそうです。

さて、なぜ一部の地域で落花生をまくに至ったかは、「地面に落ちても見つけやすい」という合理的な理由だそうです。
大豆は小さく拾うのが大変で、踏みつけてしまうと豆の破片が周囲に飛び散ったり、確かに面倒ですよね。その点、落花生は殻ごとまくので見つけやすい上に、中の豆は汚れず食べるときも便利です。

また、東北を中心に雪国に広まっているところを見ると、雪の上に落ちた大豆はかなり見つけにくいのでは? とも考えられます。ただでさえ雪深く寒い2月に、小さな大豆を探そうと長く外に出るのは困難です。

そう考えると、大切な行事を末永く続けていくために、地域の方が編み出した知恵なのかもしれないですね。
ちなみに落花生は殻に入った状態で「1個」と数えるため、必然的に年の数よりたくさんの落花生を食べることになるそうです。
大人はとても大変ですが、子供にとってはより楽しい行事になりそうですよね。


ながらグリーンツーリズムでは、「実りに感謝し、収穫を喜び、味覚を楽しむ!」秋の収穫体験メニューをたくさんご用意しました。

なかでも、今が旬のお薦め体験は、イチジク摘み・栗拾い・落花生掘り・さつま芋掘りです。
イチジクは大粒で、果肉がピンクで甘い“桝井(ますい)ドーフィン”。カルシウム量は牛乳よりも多いそうですよ。

また、千葉県が本場の落花生“郷の香”やジャンボ落花生“おおまさり”の収穫もできます。
掘りたてを塩茹でして食べる『茹で落花生』は、産地ならではの味わい方で、後を引く美味しさです。
そして、秋の味覚を代表する栗は、栽培が難しいことから「幻の栗」と言われる“利平”も栽培しており、収穫が期待できそうですね。
ぶどう狩りや稲刈り、自然薯掘りなどの収穫もお楽しみいただけますよ。

詳しくは、0475-35-4447、またはネットで「ながらグリーンツーリズム」でも検索ください。

落花生掘り体験
申込み先: ※必ずご予約下さい!
大和久農場 代表 大和久 雅一
電話:0475-35-3920
体験時期 植え付け:5月下旬
収穫:8月20日頃~9月20日頃
所要時間:30分~1時間程度

詳細はこちら

【ハロー千葉】

Page top