「洗濯表示」の種類をきちんと知っていますか?

By -  公開:  更新:


洗濯をするとき、その洗濯物がご家庭で洗濯できるかどうかの確認が必要です。それは洋服などの裏地に付いている、品質を表示するタグをご覧になると確認できます。このタグのことを『洗濯表示』と言います。

『洗濯表示』は、2016年までは『取扱い絵表示』と呼ばれていました。『洗濯表示』には様々な記号や数字が表示されています。記号の種類ですが、『取扱い絵表示』では22種類でしたが、『洗濯表示』に変更されてからは41種類に増えています。但し、衣類によっては『取扱い絵表示』のモノもあります。

『洗濯表示』は、『洗濯』、『漂白』、『乾燥』、『アイロン』、『クリーニング』の5つの基本記号で表示されています。
それぞれの記号の形ですが、『洗濯』は“洗濯用の桶”、『漂白』は“三角”、『乾燥』は“四角”、『アイロン』は“アイロンの形”、『クリーニング』は“丸”です。

『洗濯』は“ご家庭での洗い方”、『漂白』は“漂白剤の種類”、『乾燥』は“ご家庭での干し方”、『アイロン』は“アイロンのかけ方”、『クリーニング』は“クリーニングの種類”です。

それに加えて、『強さ』や『温度』、『禁止』などを表す記号や数字が組み合わさっています。
例えば『洗濯』の記号のなかに、数字の『60』と表示されている場合、“ご家庭で洗濯できますが、水の温度は60℃まで”という意味です。『洗濯』の記号に『×』が付いている場合、“ご家庭では洗濯できません”という意味です。その場合、クリーニング店にお任せする必要があります。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top