寝ている時が生活の中で一番カロリーを消費するって、本当ですか? 医師が回答

By -  公開:  更新:

「就寝時のカロリー消費」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」(1月19日放送)で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『寝ているときが生活のなかでいちばんカロリーを消費すると聞きました。それって本当ですか?』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

「体重や睡眠時間によっても多少の差は出ますが、一般的に成人が一晩ぐっすり寝ると、およそ300~350キロカロリーを消費すると言われています。

350キロカロリーを運動で消費しようとすると、5キロ程度のランニングに相当し、30~40分走り続けることになります。

睡眠時間の短い人は、長い人より肥満であることが多いという研究報告もあり、寝ているときのカロリー消費は、ダイエットという側面からも注目されている部分があります。

カロリーを消費する理由は、寝ている間に成長ホルモンを分泌し、代謝が行われているからです。ただし、寝ているときにカロリーを消費するからといって、日中も寝ていると活動量が不足し、日中のカロリー消費が少なくなります。

つまり、日中はしっかり活動してぐっすり寝るというのが、効率よくカロリーを消費することにつながります」

協力:医療ジャーナリスト・森まどか
監修:日本健診財団

番組情報

健康あるあるWONDER4

毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30

番組HP

健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

Page top