春先に、肌が赤くなってしまう。何に気をつけたらいいの? 医師が回答

By -  公開:  更新:

「春先に赤くなる肌」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」(3月3日放送)で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『冬よりも春先になると、肌が赤くなって荒れてしまうのが毎年の悩みの種です。何に気を付けたらいいのでしょうか?』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

「春に肌が赤くなってしまう原因には、花粉症や紫外線などが考えられます。2月ごろから紫外線が増え始めて、初夏には真夏並みの強さになることもあるのです。

紫外線でダメージを受けてバリア機能が下がった状態の肌に、花粉が付いてしまうと、かゆみや赤みなどのトラブルが出やすくなります。このような紫外線と花粉症による肌トラブルを防ぐには、紫外線対策が有効です。

日焼け止めは基本的に夏だけでなく、1年を通してお使いください。また、眼鏡やマスク、帽子を使ってできるだけ花粉が肌に付くのを防ぐのも有効です」

協力:医療ライター・横井かずえ
監修:日本健診財団

番組情報

健康あるあるWONDER4

毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30

番組HP

健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!


Page top