もしも刃物がなかったら?日本一の刃物のまち 岐阜県関市

By -  公開:  更新:

関市で刃物作りが始まったのは、今から700年以上前、鎌倉時代のことです。『元重(もとしげ)』さんという“刀作りの名人”が関市を訪れた際、刀作りに欠かせない良質な粘土を発見したそうです。その後、関市に移り住んで刀作りを始めたことから、刀作りが盛んになりました。

そして時代の流れと共に、刀作りの職人さん達は包丁や鎌といった家庭用の刃物の生産に移っていきました。今では関市はイギリスの『シェフィールド』、ドイツの『ゾーリンゲン』と並んで、“世界に誇る刃物の町”として知られています。

関市では2015年に『もしものハナシ』という、PR動画を作りました。これが結構、シュールな内容でして・・『刃物が無いと、人は普段の生活でどれだけ困るか?』を映像で表現しています。

例:『包丁が無いので、チョップで野菜を切ろうとするお母さん』
例:『カミソリが無いので、ガムテープを使ってヒゲを抜く男性』
例:『ハサミが無いので、お客さんの髪の毛を歯で噛みちぎる美容師さん』
こういった内容の動画で、あまりの衝撃にかなりの話題になりました。それだけ生活用の刃物が無いと不便、無くては困る・・ということになります。

さらに関市では『刃物検定』、その名も『はもけん』を実施していて今年4回目が行われました。まさに『日本一の刃物のまち』です。

(2017/11/15放送分より)

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「高嶋ひでたけのあさラジ!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。


Page top