新しい生活様式でのコミュニケーション

By -  公開:  更新:

メディアリテラシーではフリーアナウンサーの柿崎元子が、メディアとコミュニケーションを中心とするコラムを掲載している。今回はコロナ後のコミュニケーションについて---

ニッポン放送「メディアリテラシー」

【芸能人によく会う夫】

「さっき、すれちがったのは妻夫木君だよね?」

数年前、両親にクリスマスプレゼントを買おうと街を歩いていたとき、夫が私に言いました。「えっ?」と急いで振り向きましたが、誰もいません。「ほら、そうやってすぐに振り返るでしょう。それは知らない人に失礼だよ、すれちがったのはちょっと前」と言われました。

「いやいや、言われたら見ちゃうでしょう」と反論し、「よく見つけるね」、「ほんとに見てないね」と互いに言いながら、話は“街を歩いているときの視線”という観点に移って行きました。

私は駅に向かって歩くという目的のもと、まったくと言っていいほど人の顔を見ていません。ですから、仮に知っている人とすれちがっても気づかないことが多く、ましてや芸能人と出会うことなど皆無です。それに比べ夫は、よく「いまの○○さんだね」や「△△さんに似ている人を見た」と言います。

これは、どういう違いなのでしょうか?

ニッポン放送「メディアリテラシー」

【ぶつからない目線】

スクランブル交差点にて。こちらから歩いて行く自分、向こう側から歩いて来る人。この二者が対面したときに、一瞬同じ向きに踏み出してしまうことがありますよね。自分が右に行こうと思っているのに、相手も右に動き、結局立ち止まってしまうアレです。

何度か左右に動いて、「ごめんなさい」「失礼」などと声をかけ、何ごともなく通り過ぎるのですが、皆さんにも経験がありませんか? ちょっとバツが悪い感覚。こんなときは、“相手と目を合わせないといい”と言われたことがあります。

目が合うと、互いにどちらに行くのかなと考えます。お互いの目線を追いかけて、「この人はこちら側に動くんだ」と判断しようとするからです。一瞬のことですが、この判断に時間がかかる分、余計な動きをしてしまうようです。それ以来、私は人の顔を見なくなり、あまりぶつからなくなりました。

さて、既にお気づきだと思いますが、こんな習慣のためか、私は人と視線が合わないようにして街を歩いています。相手の顔を見ていません。しかし、これはよくないことだと思います。人と接触しなくなったことで、“自分”と“相手”の存在は人間の営みの根源であると認識したからです。

相手の目は、イコール存在です。まるっきり無視してはいけませんでした。夫は常に相手を認識していました。顔や目を見ているからこそ、気づくことができる。まさに目でコミュニケーションを取っていると言ってよいでしょう。

ニッポン放送「メディアリテラシー」

【場面別 視線の使い方】

新型コロナウイルスは一旦落ち着きを見せ、根本的な解決策は見えないものの、新しい生活様式で日々の活動が始まっています。しかし、以前とまったく同じようには行きません。

特にコミュニケーションは、会うことが最大の効果をもたらすとされ続けて来ました。面接、営業、恋愛、懇親、さまざまな行動の基本だったのですが、その価値観を見直す必要が出て来たのです。つまり、「目」の動きの常識を変えなければならなくなりました。

誰かと会い、食事をしながら会話する。お酒を酌み交わしながら議論するなど、「対面」では相手の目を見て話す、視線を泳がせない、睨まないなど、視線において心がけるべき点がありました。この目の使い方を改めて考えてみます。

■場面1 オンライン会議でwebカメラに話しかける

SkypeでもZoomでも、相手が見える場合、私たちは自然に相手の顔(目)を見て話しています。他方、相手にはこちらの視線はどう見えているでしょうか?

私たちがPCやスマホで相手の顔を見ると、構造上、相手とは目が合いません。目をそらしているように見えてしまいます。この場合、相手と目が合っているように見せるためには、私たちはレンズを見なければならないのです。

写真を撮るときと同じです。写真はレンズの中心を見ます。オンライン会議でも、レンズを見て話さないといけないのです。

これは簡単なようですが、なかなかできません。人は何かを訴えたいとき、相手の目を見て話そうとするため、その生理とずれるカメラのレンズを見て話すのは、意識しないと難しいのです。

■場面2 お店では横並びで座る

テーブル席では普通、会話を楽しむために対面で座りますが、コロナ禍では2人づれでも横並びでカウンターのように座ることが推奨されます。この体制では、基本的に視線を合わすことはできません。

バスや電車などでは隣が常に知らない人なので、隣同士で座ることには抵抗がないかも知れません。ただ本来、相手と仲よくしたい、もう少しお近づきになりたい、話すことで考え方を知りたいなどの目的があるわけですから、目を見たり、笑ったり、豊かな表情を共有することが大切です。

いつも前を向きっぱなしではなく、相手が話しているときに視線を向ける、また、あいづちや反応は少し大げさに行いましょう。

■場面3 マスク越しの会話

“対面のときはマスクをすること”がマナーになりました。数ヵ月前は逆だったことを考えると、信じられません。顔のほとんどをマスクで隠してしまうので、相手から見えている“目”と“目の周辺”は、とても大事なコミュニケーションツールと言えます。

表情が見えないわけですから、目を大きく開けて驚いたことを示したり、目尻を下げてほほ笑むなど、目を動かすことの意識が大切になりました。ただ、やってみて思ったのですが、目と目の周辺だけに気を配ればよいので、ある意味簡単です。ウインクさえもできそうですよ。

ニッポン放送「メディアリテラシー」

【コミュニケーション手段の変化】

メール、電話、対面の3つのコミュニケーション手段について、私たちはこれまで、その特徴に応じて使い分けて来ました。

多くの人に一度にお知らせしたい場合はメールの機能。トラブル対応や急ぎの場合は、スピード重視の電話。お願い・感謝のときの気持ちや感情を伝えたい場合は、face to faceで話をして来ました。

しかし、その価値観は大きく変わり、対面の重要度は縮小傾向にあります。だからこそ、対面のコミュニケーションツールを見直したかったのです。話す技術や表現力、パワーポイントのうまさも大事ですが、目の使い方や視線の動きを重要なツールの1つにあげようと思います。

新しい生活様式を実践するこのタイミングで、“目”を意識してみてはいかがでしょうか。 (了)

Page top