成功している人は「運がいい」だけで成功しているのではない ROSE LABO株式会社・田中綾華

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(12月3日放送)にROSE LABO株式会社の田中綾華が出演。食べられるバラから化粧品を開発した経緯について語った。

田中綾華 ROSE LABO株式会社 代表取締役

画像を見る(全2枚) 田中綾華 ROSE LABO株式会社 代表取締役

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。11月29日(月)~12月3日(金)のゲストはROSE LABO株式会社の田中綾華。5日目は、食べられるバラから化粧品を開発した経緯について---

黒木)好きなことを仕事にできた喜びは、自分の気持ちを奮い立たせてくれるものですか?

田中)気持ちもすごく奮い立たせてくれますし、何よりも「つまらないな」と思う日が1日もないことが幸せです。毎日が楽しくて、世界に進出するというのが私たちの目標なのですが、その夢に1歩ずつ近付いているのが楽しくて仕方ありません。

黒木)従業員の方もバラ好きが集まっているという感じですか?

田中)そうですね。みんなバラ好きなので、ランチの時間もどの品種が綺麗だとか、バラを活用している化粧品などの話をしています。

黒木)お化粧品も美容液などたくさん開発されていますね。こちらは何ですか?

田中)そちらは「ロールオンパフューム」で、香水になります。

黒木)香水なのですね。では、少し。すごくいい香りです。

田中)ありがとうございます。

黒木)これは少しピンク色になっているということは、ピンクのバラなのですか?

田中)色はシアノコバラミンというビタミンで着色をしています。

黒木)ビタミン?

田中)はい。バラではないのですが、香り自体がバラになっています。

黒木)もともと肌が丈夫ではなかったので、自分に合う化粧品をつくりたいと思われたのが開発の一歩だったと伺いました。

田中)すごい敏感肌だったので、子供のころから、裏面の全成分の細かいところを見ないと怖くて化粧品が使えなかったくらい肌が弱かったのです。その知識を活かして、私のような肌が敏感な方でも使っていただける低刺激な処方でつくろうと思って開発しました。

黒木)他には種類としてはどのような化粧品があるのですか?

田中)基礎化粧品からボディクリーム、メイクなどもつくっているので、パウダーやリップなどもつくっています。

黒木)すべてがバラの香りなのですか?

田中)すべてがバラの香りです。

田中綾華 ROSE LABO株式会社 代表取締役

田中綾華 ROSE LABO株式会社 代表取締役

黒木)世界に通用する商品に持っていくという夢を掲げていらっしゃいますが、そのためにはどのようなことから始めていますか?

田中)世界に出るにはまず国内でしっかりと成績を収めるべきだと思っているので、いまは国内に注力をしています。未来に対する施策は打って行かなければいけないので、いまは台湾と香港でテストマーケティングを行なっています。

 

黒木)田中さんのROSE LABOの商品を買うにはどうしたらいいのでしょうか?

田中)公式の通販サイトがございますので、そちらですべての商品をご購入していただくこともできますし、店頭で試されたいというお客様は伊勢丹新宿店の地下2階にビューティアポセカリーという場所があるのですが、そこにROSE LABOのスペースがあるので、すべての商品をお試しいただけると思います。

黒木)最後に、田中さんが大切にしていらっしゃる思いというのはどのようなところでしょうか?

田中)「ワープがあると思わない」ということを常に心がけています。

黒木)ワープがあると思わない?

田中)成功している人は運がいいだけで成功しているわけではなくて、1つずつ地道な努力、目に見えない影の努力を積み重ねて、その運が舞い降りて来るものだよな、と思っています。突然ラッキーでワープするようなことはないからこそ、目の前のものを丁寧に1つずつこなしていくということを心がけています。

黒木)なので、最初から諦めない、無理だと思わない、という生き方があるのですね。

田中)そうですね。「すぐに諦める」という癖が子供のころからあったので、企業した私は第2の人生を歩むという覚悟でいまやっています。

田中綾華 ROSE LABO株式会社 代表取締役

田中綾華(たなか・あやか)/ ROSE LABO株式会社 代表取締役

■1993年生まれ。東京都出身。
■大学1年生の頃、「食べられるバラ」があることを知り、大学2年で中退。大阪の「食用バラ農家」でバラつくりの修行を開始。その後、修行を終えて独立。2015年、22歳のときに埼玉県深谷市の農場にビニールハウスを建て、「ROSE LABO」を設立。試行錯誤しながら食用バラの生産を開始。世界初の美容成分高配合の新品種のバラを開発するなど会社を軌道に乗せた。
■理念は「食べられるバラを通して世界中の女性を美しく、健康に、幸せに」。
■田中さんの「ROSE LABO」では、食べられるバラの栽培、バラを配合したジャム、ティーなどの加工食品や化粧品などの商品開発・販売を展開。現在100店舗以上のお店で常設販売されている。
■6次産業を成功させた起業家として、2019年には「マイナビ農業アワード」で最優秀賞を受賞するなど注目され存在に。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top