占い師が行う「霊術」って何をしてるの?

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。12月14日放送分のテーマは「占いの種類」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

占いは大きく分けて、「命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)・霊(れい)」の4つがあります。前回の記事では「命」と「卜」についてご紹介しました。

今回は、3つ目・4つ目の「相(そう)」と「霊(れい)」についてご紹介いたします。

3つ目の「相」は、手相・人相・風水・姓名判断など、「目に見える姿や形」の情報から物事のよい・悪いを読み取る占いです。手相や人相は「生まれ持った要素」ですが、生活のなかで変化して行くものでもあります。そのため、占いの結果に違いが出るのが特徴です。

4つ目の「霊」は、インスピレーションや第六感など、占い師が持つ特殊な能力や霊的な力を通じて、事実や気持ちなどを読み取って行きます。いわゆる「霊術」と呼ばれるものです。

「霊視」もその1つで、占う方の守護霊とコンタクトを取ったりしながら、その方の情報を仕入れます。

霊術の場合、「すべての出来事は偶然ではなく、必然的に起こる」という概念に基づいた占い「卜術(ぼくじゅつ)」とミックスして行われることも多いそうです。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Page top