ヴィン・ディーゼル:ドウェイン・ジョンソン:ミシェル・ロドリゲスがBREAKしまくり!【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第194回】

By -  公開:  更新:

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、4月28日から公開の『ワイルド・スピード ICE BREAK』を掘り起こします。

まさかの裏切りに、ファミリーが崩壊する?!

01(w680)
ド迫力のカーアクションが満載、史上最大のメガヒットシリーズ『ワイルド・スピード』。
2001年に第1作が公開されて以来、シリーズを重ねる毎に評価が上がっているという、珍しいシリーズでもあります。

その最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』が、いよいよ日本上陸。
前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』から2年ぶりとなる第8作は、ますます過激にクレイジー。興奮度もMAXです!

02(w680)
長い逃亡生活と史上最悪の敵との戦いを終え、束の間の日常を満喫するドミニク、レティ、ローマンたち“ファミリー”。
固い絆で結ばれた彼らの平穏を破ったのは、誰よりも仲間を大切にしてきたドミニクによる裏切りだった。

しかしドミニクの行動には、謎のサイバーテロリストが関与していることが判明。
レティやローマンたちはドミニクを取り戻すために、かつての宿敵デッカート・ショウと手を組むことに。

果たして、ファミリーは崩壊の危機を乗り越えることが出来るのだろうか…。

03(w680)
なんと今作では、主人公ドミニクがファミリーを裏切るというオドロキの展開。
サブタイトルの“BREAK”は、“崩壊”の意。
強固な絆で結ばれていたファミリーが、崩壊の危機に瀕するさまが描かれます。

ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソンらおなじみのメンバーに加え、デッカード・ショウ役のジェイソン・ステイサムも前作に続き出演。
特筆すべきは、謎のテロリストとして登場するシャーリーズ・セロン。
美人で冷血で、男らしさ満載の作品の中で“悪の華”として咲き誇っています。

04(w680)
今作ではアイスランドやシリーズ初上陸となるニューヨーク、さらにハリウッド大作では初となるキューバでロケを敢行。
目玉のカーアクションはどれも豪快で、あまりのスピードに目が追いつかないほど。
特に氷上のカーアクションシーンでは巨大潜水艦まで登場し、手に汗握る展開の連続です。
登場する車の台数もスゴければ、壊され方はもっとスゴイ!!!

その底辺にあるのは、やっぱりクルマ愛。
車種ごとに魅せてくれるいちばん“カッコいい”表情にシビれること、間違いなしですよ。
この迫力を骨の髄まで体感したいなら、是非、ゴールデンウィークの映画館で。

05(w680)
ワイルド・スピード ICE BREAK
2017年4月28日から全国ロードショー
監督:F・ゲイリー・グレイ

出演:ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、シャーリーズ・セロン、ジェイソン・ステイサム、スコット・イーストウッド、ナタリー・エマニュエル、カート・ラッセル、タイリース・ギブソン、ヘレン・ミレン ほか
©Universal Pictures
公式サイト http://wildspeed-official.jp/

八雲ふみね,しゃベルシネマ

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/

Page top