山田孝之×長澤まさみ、あのハリウッド映画をリメイク!『50回目のファーストキス』

By -  公開:  更新:

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね・第420回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベリたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、6月1日公開の『50回目のファーストキス』を掘り起こします。


毎日が初対面、そして何度も恋に落ちるロマンティック・ムービー


記憶喪失のため前日の出来事をすべて忘れてしまう女性と、彼女に恋をし、アタックし続ける男性。アダム・サンドラーとドリュー・バリモア共演のロマンティック・コメディ『50回目のファースト・キス』。切ないラブストーリーの中に絶妙なタイミングでユーモアが織り交ぜられた同作を、「好きな映画」のひとつに挙げる人も多いことでしょう。

そんな名作を、日本映画界が完全リメイク。オリジナル版と同じくハワイを舞台に、大人のラブストーリーを展開します。


ハワイ、オアフ島。ツアーガイドとして働きながら、天文学の研究に励む大輔は、後腐れのないワンナイトラブを繰り返すプレイボーイ。

ある日大輔は、訪れたカフェで、瑠衣という明るく魅力的な地元の女性と出会う。たちまち意気投合する2人だったが、翌朝、瑠衣に会うと、彼女は大輔のことをまるで覚えていなかった。彼女はある事件がきっかけで、新しい記憶が一晩でリセットされてしまう障害を抱えていたのだ。

瑠衣に本気で恋をした大輔は、彼女が自分を忘れてしまうことを承知で、毎日彼女を口説き、毎日ファーストキスを繰り返すのだが…。


ダブル主演を務めるのは、10年ぶりの共演となる山田孝之と長澤まさみ。毎日初対面のような反応を見せる瑠衣を口説き落とそうとする大輔の“作戦”は斬新極まりなく、自由奔放で豪快な一面も持ち合わせる瑠衣は実にチャーミング。2人が織りなす恋愛模様に、笑いながらもうっとりとしてしまうことでしょう。

共演には勝矢、太賀、山崎紘菜、大和田伸也をはじめ、福田雄一監督作品の常連であるムロツヨシと佐藤二朗の姿も。え、ラブストーリーなのに、福田雄一監督???…と、驚いた方もいらっしゃるかもしれません。

そう、本作でメガホンを取ったのは、『銀魂』をはじめギャグコメディ街道をひた走ってきた福田雄一監督。いつもの“福田節”とロマンティックなラブストーリーとが見事に融合しているのも新鮮なオドロキですが、まさか福田監督作品でホロリと感動の涙を流してしまうことになるとは。王道ラブストーリーとしても見応えありますよ。


本作において、さらに涙を誘うのが、平井堅が歌う主題歌「トドカナイカラ」。切ない歌声と何度も“ファーストキス”を繰り返す主人公たちの姿がリンクし、さらなる感動をもたらします。

女性はもちろん、普段は恋愛モノが苦手だという男性も楽しく観ることが出来る本作。デートムービーにもオススメです。


50回目のファーストキス
2018年6月1日から全国ロードショー
監督・脚本:福田雄一
主題歌:平井堅「トドカナイカラ」(アリオラジャパン)
出演:山田孝之、長澤まさみ、ムロツヨシ、勝矢、太賀、山崎紘菜、大和田伸也、佐藤二朗 ほか
©2018「50回目のファーストキス」製作委員会
公式サイト http://www.50kiss.jp/site/

連載情報

Tokyo cinema cloud X

シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信。

著者:八雲ふみね
映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com/


Page top