高崎駅「秋だより弁当」(1100円)~高崎の秋限定駅弁!

By -  公開:  更新:

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

E2系新幹線電車「とき」、上越新幹線・高崎~上毛高原間

上越新幹線「とき」として活躍するE2系新幹線電車。
現在の「とき」は、概ね毎時1~2本の運行で、標準的な列車は東京・上野・大宮と停まると、高崎・上毛高原・越後湯沢・浦佐・長岡・燕三条・新潟の順に各駅に停まっていきます。
朝夕は停車駅の少ない列車や、逆に熊谷・本庄早稲田にも停まる各駅停車の列車も運行。
合わせて、高崎・越後湯沢止まりの「たにがわ」号も運行されています。

秋だより弁当

群馬を代表するターミナル・高崎駅の駅弁売場で見つけたのは、「秋だより弁当」(1100円)。
高崎駅弁を製造する「高崎弁当」の、この秋限定の駅弁です。
9月15日に発売され、11月30日までの販売予定。
わっぱ型の容器に、秋らしいデザインの帯が掛けられたシンプルな装いです。
おなじみの高崎弁当の割り箸が、帯と容器の間に挟み込まれていました。

秋だより弁当

【おしながき】
・舞茸ご飯
・鮭の照り焼き
・鶏肉焼き
・厚焼き玉子
・舞茸の天ぷら
・きのこバターソテー
・山菜醤油漬け
・人参煮
・花ちらしれんこん
・さつまいも煮
・栗甘露煮

秋だより弁当

たかべん定番・鶏肉が炊き込まれた舞茸ご飯がベースの駅弁です。
ご飯の上には、彩り豊かなおかずがいっぱい載っています。
鮭の照り焼き、鶏めしでおなじみの鶏肉をメインに、舞茸の天ぷらやきのこのバターソテー、山菜に飾り人参、栗にさつまいもと、秋らしい構成。
次から次へ秋らしい味覚が登場して、箸がどんどん進みます。

485系電車・快速「リゾートやまどり」、上越線・八木原~渋川間

高崎地区の観光列車として活躍するのが、485系電車の「リゾートやまどり」。
10月下旬から11月上旬にかけては、週末を中心に大宮と吾妻線の中之条の間を結ぶ、全車指定の快速列車「四万温泉やまどり」として運行される予定です。
10/18現在、吾妻線には台風被害による運休区間もありますが、行楽の秋、過度な自粛はせずに、各地域の応援の意味を込めて、紅葉・温泉・秋の味覚を満喫していきたいものです。

連載情報

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史
昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。
駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Page top