大館駅「金の鶏樽めし」(1350円)~金粉に興奮! 秋田名物を東京で!!

By -  公開:  更新:

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

E6系新幹線電車「こまち」、田沢湖線・羽後長野~鑓見内間

東京~秋田間を3時間台で結ぶ「秋田新幹線」。
東北新幹線から在来線の田沢湖線に直通、大曲でスイッチバックして奥羽本線に入ります。
1月下旬から2月にかけては一部の「こまち」号に、えきねっとやモバイルSuica特急券の“半額”割引が設定(東京~秋田間最安7000円台)され、秋田へ行きやすくなっている季節。
例年、白い雪と赤い「こまち」のコントラストが美しいものですが、果たして今年(2020年)は??

京王百貨店新宿店・花善ブース

秋田を代表する駅弁の1つが、大館駅弁「花善」の「鶏めし弁当」。
「花善」は、今年で第55回を数える、京王百貨店新宿店の「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」にも実演販売で出店しています。
現在、「鶏めし弁当」は、大館駅・秋田駅・新青森駅などが販売の中心となっていますので、首都圏在住の方は、大館の鶏めしをいただくことができる貴重な機会ですね。

金の鶏樽めし

今回は、「黄金の駅弁対決」の一角として参戦している「花善」。
数年前、昭和40年代の一時期に販売していた「鶏樽めし」を復刻させたのも記憶に新しいところですが、京王の駅弁大会では、この「鶏樽めし」をバージョンアップ。
「金の鶏樽めし」(1350円)として、“金メダル”をモチーフに、金色の樽型容器に黄金の掛け紙を掛けた“2020年仕様”で販売しています。

金の鶏樽めし

【おしながき】
・味付けご飯(秋田県産米、鶏肉の煮汁)
・鶏肉の甘辛煮
・そぼろ玉子 いんげん 栗甘露煮
・ほたて甘露煮
・煮物(がんもどき、椎茸、飾り麩)
・枝豆の蒲鉾
・香の物(しば漬け、胡瓜漬け)

金の鶏樽めし

ふたを開けると、目を引いたのが、鶏肉の上にキラキラ光る金粉!
さすが「金の鶏樽めし」、この金粉にはテンションが上がります!
樽に入ることで、より一層、ずっしり感が増しているのもおトク感があるところ。
鶏の煮汁がしみ込んだご飯、甘辛く煮つけられた鶏肉の味のハーモニーは健在です。
もしも、大館の鶏めし未体験の方がいらしたら、この機会をぜひ活かしましょう!

701系電車・快速列車、奥羽本線・大釈迦駅

ハチ公のふるさととして知られる大館。
冬の大館が盛り上がるのは、何と言っても、例年2月の第2土曜とその翌日に開催されている、安土桃山時代に起源をもつ「大館アメッコ市」です。
2月16日までの週末は、秋田の鉄道が乗り放題になる「あきたホリデーパス」も販売中。
名物駅弁をきっかけに、この冬は奥羽本線エリアへ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

Page top