あけの語りびと

ジャズボーカリスト ギラ・ジルカが『ケンちゃん』と56回繰り返す曲を歌った理由

By -  公開:  更新:

それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

ジャズボーカリスト ギラ・ジルカさん

『ケンちゃん』という歌をご存知でしょうか? 歌詞を見ると、「ケンちゃん×56」とあります。何と、56回も続けて「ケンちゃん」を歌っているんです。

先日、お昼の高田文夫先生の番組でこの曲が流れ、「ケンちゃんケンちゃんって、何だこの曲!」と、高田先生も思わず耳をそばだてたと言います。

歌っているのは、ジャズボーカリストのギラ・ジルカさん。「怪獣みたいな名前でしょう?」と、ギラさんは笑います。

「イスラエル人で貿易の仕事のため来日した父が、12歳年下の母を阪急電車で見そめ、『食事に行きませんか?』と声を掛けたのがキッカケで結婚し、昭和44年に私が生まれました。ギラとはヘブライ語で『喜び』。父が名付けてくれました」

幼少期のギラさん 初めてのNYで

幼稚園から神戸のインターナショナルスクールに通い、小学生のころはピンクレディーや西城秀樹に夢中に。その後のディスコブームではクール&ザ・ギャングが好きで、耳に飛び込んで来るのは歌でもギターでもなく、なぜかサックスの音色でした。

「かっこいい! こんな楽器を演奏したい」と、10歳でブラスバンドに入り、ハイスクールではジャズビッグバンドのリーダーも務めました。

その後、アメリカのバークリー音楽大学に留学し、サックスを本格的に習いますが、ここで思わぬ挫折を味わいます。世界中から才能溢れる若者が集まっていて、自分の知識や技術のなさを痛感し、大きな壁にぶつかります。

他に何か音楽で表現したい! すると声楽の先生から、「歌はあとからついて来るから、とりあえず歌いなさい」とアドバイスを受けます。その言葉を信じて歌のレッスンに励みました。

NYアポロシアター ギラさんが主催のクワイアで出演した際の集合写真

卒業後に神戸へ戻ると、タレントとしての仕事が増えて来ます。

「あのころはハーフのタレントが人気で、クイズ番組にもよく出ましたね。おバカな外国人を演じることが多くて、だんだん嫌気がさして来たころ、阪神淡路大震災が起きて関西の仕事がストップしたんです」

もう1度、原点に戻って音楽の仕事をしたいと上京。ジャズクラブで歌ったり、FMラジオのDJをしたり、英語教材の声優やCMソングも歌いました。なかでも「fly me to the moon」を歌った全日空のCMは、「誰が歌っているの?」と問い合わせが殺到したそうです。

彼女のライブを聴きに来た音楽プロデューサーから「曲を作ってみないか?」と持ちかけられ、作った2曲が、あのMISIAさんに気に入られてアルバムの収録曲に! さらに20周年の全国ツアーのコーラスに参加することになりました。

1997年、震災後 東京での仕事が増えて来たころの1枚

去年(2019年)、50歳になったギラ・ジルカさん。誕生日の8月15日には必ず目標を立てます。

48歳になる前、ライブを聴きに来たレコード会社の人に、自分からこう売り込みました。「50歳でメジャーデビューしたいんですが、いかがですか?」と。言ってみるもので、その後はとんとん拍子に話が進み、50歳でメジャーデビューアルバムを発売することになりました。

アルバムのタイトルは『50(フィフティ)』。1つ条件があって、ジャズではなく歌謡曲を歌うこと…いろいろな曲が集められ、そのなかにあったのが『ケンちゃん』でした。

アルバムのレコーディング現場にて

デモテープを聴いたスタッフも、ギラ・ジルカさんも「ん~~~~」と唸ったまま、言葉がありません。

この曲を作曲した美樹克彦さんは、「この曲がギラさんにいいと思うんだ」とイチオシ! 正直、反対の声もあったそうです。でも、ギラ・ジルカさんには信じた言葉がありました。

「歌はあとからついて来るから、とりあえず歌いなさい」

1度聴くと、『ケンちゃん』が耳から離れない、不思議な曲です。

「歌はあとからついて来る」という教えをギラさんは信じます

■ギラ・ジルカさんのホームページ
http://www.geilajazz.com/category/live-schedule/

■ギラ・ジルカさんのニューアルバム『50』
https://www.universal-music.co.jp/geilazilkha/

番組情報

上柳昌彦 あさぼらけ

月曜 5:00-6:00 火-金曜 4:30-6:00

番組HP

眠い朝、辛い朝、元気な朝、、、、それぞれの気持ちをもって朝を迎える皆さん一人一人に その日一日を10%前向きになってもらえるように心がけているトークラジオ


Page top