新型コロナ「薄毛の人は重症化する」説……その実態とは

By -  公開:  更新:

新型コロナウイルスは「薄毛」の人は重症化するという説が折に触れて浮上。最近でも「週刊女性」2020年11月3日号などでも取り上げられているが、その真相はいかなるものなのか。

キャスターの辛坊治郎氏も9月1日に、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」の中で、新聞紙面を参照しながら言及している。

辛坊)このような話が出ていて、誰かちゃんと教えてくれないかなと思っていたら、夕刊フジがしっかりと書いてきました。「ハゲでコロナ重症化?」という話がありまして。

「ハゲでコロナ重症化」は本当? 孫正義氏も思わず「マジか!?」 専門家に聞く

~『夕刊フジ』2020年9月1日記事 より

辛坊)これ、3面に詳しく出ているのですが、ネットニュースが「そもそもハゲていると新型コロナウイルスが重症化する」というニュースを伝えたところ、ソフトバンクの孫正義さんがツイートでこれを引用して「マジか」とつぶやいたそうで、けっこう話題になっていたんです。


辛坊)夕刊フジに詳しく出ているのですが、もともとは何かというと……

孫氏がつぶやいたのは8月29日だが、紹介したニュース自体はIT系ニュースサイト「GIGAZINE(ギガジン)」が6月30日付で公開したものだ。

同ニュースでも引用されている英紙ザ・テレグラフ(電子版)は、米ブラウン大教授の証言をもとに、脱毛に関係する男性ホルモン「アンドロゲン」が、新型コロナウイルスの能力を高める役割がある可能性を報じた。

スペインの3つの病院で新型コロナに苦しむ男性の79%が薄毛だったという調査結果や、イタリアのヴェネト州でアンドロゲン除去療法を受けていた前立腺がんの男性が、他の患者と比較して新型コロナ罹患が4分の1になったという研究結果などを参照している。

~『夕刊フジ』2020年9月1日記事 より

辛坊)こういったデータから、この男性に特有のホルモンの存在と、新型コロナの重症化と関係があるのではないかという話です。科学的に、こういうメカニズムというものは証明されていませんが、疫学的という言い方をしますけれども、実際に起きていることを統計学的に分析していくと、何か関係があるということです。

そもそも、私がパッと聞いたときにあり得るかなと思ったのは、この記事のなかに出てきますけれども、新型コロナをめぐっては、薄毛に限らず、男性の方が重症化率・死亡率が高いと、いうことがずっと言われている話です。

薄毛に限らず、新型コロナをめぐっては、男性のほうが感染率や重症化率、死亡率が女性より高いというデータもある。

8月に国立国際医療研究センターが公表した研究でも、新型コロナの入院患者のうち男性が58・9%で、挿管や人工心肺装置(ECMO)を実施したのは男性が78・9%だったという。

~『夕刊フジ』2020年9月1日記事 より

辛坊)男性におけるホルモンと、このウイルスの振る舞いはけっこう関係があるのではないか。詳細が夕刊フジに出ていました。

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分

番組HP

人気ニュースキャスター辛坊治郎がパーソナリティを務める『辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!』。2012年4月7日から2017年9月30日までニッポン放送で毎週土曜日に放送されていた人気番組で、最近では、毎週木曜日午後に期間限定で復活していましたが、今回枠を拡大してレギュラー化!

辛坊治郎が政治・経済・文化・社会・芸能まで、今日一日のニュースの中から独自の視点でズーム!し、ニュースの見方や本質を解説。リスナーが「なるほど」と感じるニュースワイド番組です。番組ハッシュタグは「#辛坊治郎ズーム」です!

[アシスタント]増山さやかアナウンサー(月-木)/飯田浩司アナウンサー(木)

Page top