歯ぎしりが健康に及ぼす影響は? 医師が回答

By -  公開:  更新:

「歯ぎしり」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」(1月26日放送)で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

番組に寄せられた健康の疑問『歯ぎしりが身体に及ぼす影響って、どんなものがあるの?』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

「歯ぎしりは口のなかだけではなく、実は身体のあちこちに影響を与えてしまいます。

例えば、摩擦による歯のすり減りや破損。人間の噛む力というのはとても強く、また、歯のエナメル質は非常に硬い性質を持っています。硬いもの同士を強い力でこすり合わせるわけですから、歯がすり減ったり、ひどい場合は破損してしまうことも考えられます。

強い力で噛み合わせることで歯茎にもダメージを与え、歯周病を悪化させるリスクもあります。さらに、顎関節症のリスクも考えられます。

顎関節症は、顎の関節や、顎を動かす筋肉が痛むことで、口を開けにくくしてしまったり、ひどい場合には食事に影響が出ることもあります。歯を強く噛み締めることで顎の関節に負担をかけ続けると、顎関節症のリスクが高まると言われています。

いまはマウスピースを使った治療法もありますから、気になる方は歯科医に相談してみるといいかも知れません」

協力:医療ライター・横井かずえ
監修:日本健診財団

番組情報

健康あるあるWONDER4

毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30

番組HP

健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!


Page top