「日本最古のメガネ」は誰が使っていたのか

By -  公開:  更新:

あなたの朝がいつもイイ朝でありますように---ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。5月12日放送分のテーマは「日本のメガネの歴史」です。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

16世紀半ば、キリスト教の宣教師であるフランシスコ・ザビエルが、周防国(現在の山口県)の大名・大内義隆にメガネを贈ったのが、日本最初のメガネだと言われています。

または、室町幕府の12代将軍・足利義晴が使っていたメガネが、日本最古のメガネだという説もあります。

ザビエルの件から数年後、同じく宣教師のフランシスコ・カブラルが織田信長と対面したとき、メガネをかけていたカブラルを見て、一同がとても驚いた……という記録が残っているそうです。

メガネを使っていた歴史上の人物の1人に、徳川家康がいます。家康公が使っていたのは“ツルのない手持ちの鼻メガネ”で、静岡県の「久能山東照宮博物館」に保存されています。

本格的なレンズの国内生産が始まったのは、明治時代に入ってからです。1873年(明治6年)、オーストリア・ウィーンでの万国博覧会に出席した技術者の朝倉松五郎が、レンズの製造技術を学んで帰国しました。

そして、国内では初の“機械によるメガネレンズの製造”が始まります。その2年後に朝倉さんが創業したのが、東京・新宿に本社のある『朝倉メガネ』です。

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 7:37 - 7:42

番組HP

晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・


Page top